知床斜里に突如現れた“赤いやつ”描く、吉開菜央の監督作「Shari」10月公開

1

246

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 51 151
  • 44 シェア

ダンサー・振付家であり、映画作家としても活動する吉開菜央の初長編作品「Shari」が、10月23日に公開決定。ポスタービジュアルも到着した。

「Shari」ポスタービジュアル

「Shari」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

本作は北海道知床半島に位置する斜里町を舞台に、現実と空想を織り交ぜながら紡ぐ物語。希少な野生動物が人間と共存している稀有な土地として知られ、冬にはオホーツク海沿岸に流氷がやってくる知床半島だが、2020年の冬は雪が降らず、流氷もなかなか来ない。そんな異変続きの斜里町に、突如現れた“赤いやつ”。どくどくと波打つ血の塊のような空気と気配を身にまとい、子供の相撲大会に飛び込む。

「Shari」

「Shari」[拡大]

監督の吉開が“赤いやつ”として出演も果たし、写真集「POLAR」で日本写真協会賞新人賞、講談社出版文化賞を受賞した写真家の石川直樹が初めて映画の撮影を担当した。

「Shari」

「Shari」[拡大]

吉開は「わたし自身が人と獣の間のような『赤いやつ』に扮し、斜里を全身で体感し、人と自然、自分と他者、言葉になることならないこと、夢と現実、さまざまな境界線を彷徨い、あらゆる命の渦の一粒として、生きながらつくりあげた、初めての長編映画です。映画に残すことのできた風景と音が、世界中のみなさまの今に繋がることを願っています」とコメント。石川は「地名としてはとても有名な知床ですが、そこから想起される土地の表情や姿は、人の数だけ存在する。この映画が、そんなことを少しでも感じてもらうきっかけになったらいいなあ、と思っています」と願いを込めた。

「Shari」は東京・ユーロスペース、アップリンク吉祥寺ほかで順次公開。

吉開菜央 コメント

写真家の石川直樹さんから知床半島斜里町で一緒に映画をつくらないかと誘われて、この映画ははじまりました。石川さんは6年前から「写真ゼロ番地知床」という地元の写真愛好家とグループを組んでいて、彼らと深い信頼関係を持ちながら作品制作を継続されています。わたしは石川さんのツテを辿り、2019年の夏に斜里町に滞在し、斜里岳に登ったり、野生の鹿肉を食べたり、特別に漁船に乗せてもらったりしながら、ただ観光するだけでは決して出会えないような人々の生活を垣間見るという得難い体験をしました。翌年の2020年1月。現地での撮影がスタートしますが、その年は記録的な小雪で、真っ白な銀世界で撮影するという期待は早々に裏切られることになります。斜里で会う人はみんな口々に言います。「今年は異常だ」。彼らの切実な声は、東京に住むわたしにも無関係な話ではないと強く確信し、いまここで起きている、決しておとぎ話では済まされない現実も含めてすべて映画にするべきだと決心しました。わたし自身が人と獣の間のような「赤いやつ」に扮し、斜里を全身で体感し、人と自然、自分と他者、言葉になることならないこと、夢と現実、さまざまな境界線を彷徨い、あらゆる命の渦の一粒として、生きながらつくりあげた、初めての長編映画です。映画に残すことのできた風景と音が、世界中のみなさまの今に繋がることを願っています。

石川直樹 コメント

知床半島を初めて訪れたのはもう20年近く前になります。コロナ禍に入るまでは、本当に何度も何度も知床の玄関口である斜里を起点に旅をして、冬も夏も、特に近年はさまざまな場所を歩きまわりながら写真を撮っていました。なのに、今回初めて映画を撮影する目的で彼の地に滞在してみたら、見慣れた場所にまったく未知の風景が立ち上がってきた。地名としてはとても有名な知床ですが、そこから想起される土地の表情や姿は、人の数だけ存在する。この映画が、そんなことを少しでも感じてもらうきっかけになったらいいなあ、と思っています。

松本一哉(録音・音楽)コメント

少人数で強行スケジュールの中、冬の知床で録った音が映画全体から聴け、また、私が初めての知床での体験から制作した音楽を聴けて、撮影時の様々な音風景の時間が鮮明に思い浮かびます。冬の知床の環境音、雪の音、流氷の音、氷の音、風の音、動物たちの声、人々の声、人工的な音、演奏の音、音響の音。全ての音が混ざり合ってSHARIという生き物の音になっており、音の面からも様々な越境が読み取れました。この時代の冬の知床の音を残せた事に喜びを感じます。関わった全ての知床の生き物たち、ありがとうございました。

渡辺直樹(助監督)コメント

吉開さんから聞いた“はしっこ“での“ちいさな”映画づくりに直感が走り、写真家/石川直樹さんと音楽家/松本一哉さん、吉開監督も併せ、各界の才能と映画を丁寧に結びつける“役目”に勝手な使命感を覚えて参加しました。さらに知床という土地とそこに暮らす人たちの姿と心根が映画を支える幹となり、僕ら4人が持ち寄った物語と、軽やかに織り交わる作品になりました。思えば撮影した2020年1月。オホーツク海の流氷到来に合わせ、新型コロナ感染症が静かに近づいてきていました。今なお続くこの困難を“赤いやつ”が溶かし、心置きなく斜里を再訪できる春を心待ちにしています。

この記事の画像(全5件)

(c)2020 吉開菜央 photo by Naoki Ishikawa

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

知床斜里に突如現れた“赤いやつ”描く、吉開菜央の監督作「Shari」10月公開(コメントあり)
https://t.co/RcQmtDKPQ5

#吉開菜央 #石川直樹 #Shari https://t.co/FJa8QmlpG6

コメントを読む(1件)

関連記事

吉開菜央のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 Shari / 吉開菜央 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。