6時間9分の大作「DAU. 退行」8月28日より限定公開、予告も解禁

1

360

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 129 223
  • 8 シェア

「DAU. Degeneration(英題)」の邦題が「DAU. 退行」に決定。8月28日より東京のシアター・イメージフォーラムほかで限定公開されることが決定した。

「DAU. 退行」ポスタービジュアル

「DAU. 退行」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「DAU. 退行」

「DAU. 退行」[拡大]

「DAU. ナターシャ」で描かれたソ連全体主義社会のその後を映し出す「DAU. 退行」。6時間9分に及ぶ本作では、ヨシフ・スターリン体制下の1952年から10年以上が経過した1966年から1968年が舞台となる。YouTubeで公開された予告編には「共産主義は宗教だ」という言葉などが収められた。

「DAU. 退行」

「DAU. 退行」[拡大]

イリヤ・フルジャノフスキーとともに監督を務めたイリヤ・ペルミャコフは、本作について「国家が社会的に荒廃していく状況が迫ったときに、どのように気付き対処するかを、映画という媒体を通して学ぶことはとても重要だと思います。本作は、権力の上層部が超過激派たちとどのように関わっているかという問題を扱っており、単に分析するだけでなく、これらの状況を見たときに皆さんに深く感じてほしいのです」と語っている。

※「DAU. 退行」はR18+指定作品

この記事の画像・動画(全4件)

(c) PHENOMEN FILMS

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

6時間9分の大作「DAU. 退行」8月28日より限定公開、予告も解禁(コメントあり)
https://t.co/KLcVPOhDBx https://t.co/6IEDxWPVbP

コメントを読む(1件)

関連記事

イリヤ・フルジャノフスキーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 DAU. 退行 / イリヤ・フルジャノフスキー / イリヤ・ペルミャコフ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。