6時間の長編「DAU. Degeneration」今夏公開、「DAU. ナターシャ」のその後の世界描く

156

「DAU. Degeneration(英題)」が今夏、東京のシアター・イメージフォーラムほかで公開される。

「DAU. Degeneration(英題)」

「DAU. Degeneration(英題)」

大きなサイズで見る(全2件)

「DAU」プロジェクトは、今や忘れられつつあるソビエト連邦の記憶を呼び起こすため、“ソ連全体主義”の社会を完全に再現するという試み。オーディション人数約40万人、衣装約4万着、1万2000平米のセット、主要キャスト400人、エキストラ1万人、撮影期間40カ月、35mmフィルム撮影のフッテージ700時間と、莫大な費用と歳月を掛けて「DAU」の世界は作り上げられた。

「DAU. Degeneration(英題)」

「DAU. Degeneration(英題)」[拡大]

6時間の長編「DAU. Degeneration」の公開は、2月に封切られた「DAU. ナターシャ」の反響を受けて決まった。「DAU. ナターシャ」で描かれたスターリン体制下から10年以上が経過した1966、67、68年を舞台に、秘密研究所内部の人間たちの生活を映し出す。ナターシャに拷問を行ったKGB捜査官のウラジーミルは少将へと出世し、研究所所長のアレクセイやナターシャの同僚だったオーリャも登場。ユーゴスラビア出身のパフォーマンスアーティスト、マリーナ・アブラモヴィッチも出演している。

監督・脚本を担当したのはイリヤ・フルジャノフスキーイリヤ・ペルミャコフ。「DAU. ナターシャ」「ファニーゲーム」のユルゲン・ユルゲスが撮影を行っている。

この記事の画像(全2件)

(c) PHENOMEN FILMS

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 DAU. 退行 / DAU. ナターシャ / ウラジーミル・アジッポ / オリガ・シカバルニャ / アレクセイ・ブリノフ / マリーナ・アブラモヴィッチ / イリヤ・フルジャノフスキー / イリヤ・ペルミャコフ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。