俳優・菅田将暉の魅力は?「キャラクター」永井聡が活弁シネマ倶楽部で語る

372

キャラクター」の監督・永井聡が出演したWeb番組「活弁シネマ倶楽部」が、YouTubeで配信されている。

左から永井聡、MCのSYO。

左から永井聡、MCのSYO。

大きなサイズで見る(全6件)

本作は殺人事件の犯人を目撃したマンガ家・山城圭吾が犯人をキャラクター化してマンガを発表したところ、その物語を模した事件が次々と発生していくさまを描くダークエンタテインメント。菅田将暉が山城を演じ、Fukase(SEKAI NO OWARI)が殺人鬼の両角役で俳優デビューを果たした。

左から永井聡、MCのSYO。

左から永井聡、MCのSYO。[拡大]

番組の中で永井は「常に受け身」と主人公の山城を評し、「菅田くん自身もすごく悩んでいたようです。『帝一の國』みたく“ザ・主人公”みたいなわかりやすさがあると、本人も演じやすいようですが、それに対し今作で演じた山城役は『非常にゴールが見えにくい』と言っていました」と菅田との対話を振り返る。さらに菅田の俳優としての魅力についても語っている。

「キャラクター」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

永井聡のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021映画「キャラクター」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キャラクター / 永井聡 / 菅田将暉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。