「ヴェノム」続編の初映像解禁!凶悪カーネイジが登場、ヴェノムとエディの日常も

1908

「ヴェノム」の続編「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が2021年に全国公開決定。このたび予告映像と海外版ポスターが世界一斉解禁された。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」海外版ポスタービジュアル

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」海外版ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」[拡大]

トム・ハーディ主演で、スパイダーマンの宿敵ヴェノムの誕生を描いた「ヴェノム」。続編には“大殺戮”を意味する凶悪なヴィラン、カーネイジが登場する。これまで謎に包まれていたキャラクターだが、初公開となる予告編では、連続殺人鬼クレタスが変貌したカーネイジの姿や、「この時を待ちわびたよ」と不気味に笑うクレタスが確認できる。クレタスは前作のラストに登場しており、ジャーナリストとして復帰した主人公エディが取材のため刑務所で面会したところで物語は終わった。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」[拡大]

不穏な予兆をうかがわせる一方、予告編の冒頭には、ヴェノムとエディが朝食を作りながらエラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングのジャズソング「Let's Call The Whole Thing Off」の替え歌を歌う平穏な日常風景も。さらに映像には刑務所でクレタスが蜘蛛を潰す意味深なシーンや、J・ジョナ・ジェイムソンが編集長を務めるデイリー・ビューグル紙を警官が読むシーンも登場する。予告編はYouTubeで公開中だ。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」撮影現場にて、トム・ハーディ(奥)とアンディ・サーキス(手前)。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」撮影現場にて、トム・ハーディ(奥)とアンディ・サーキス(手前)。[拡大]

前作と同じくヴェノム / エディをハーディが演じたほか、エディの元婚約者アン役をミシェル・ウィリアムズが続投。さらにカーネイジ / クレタス役で「スリー・ビルボード」のウディ・ハレルソン、ヴィランのシュリーク役で「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのナオミ・ハリスが参加している。アンディ・サーキスが監督を務めた。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

トム・ハーディのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 CTMG. (c)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ / トム・ハーディ / ミシェル・ウィリアムズ / ウディ・ハレルソン / アンディ・サーキス / ナオミ・ハリス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。