日本人作家が独学で制作した「JUNK HEAD」、地底生物“マリガン”の新カット到着

352

SFストップモーションアニメ「JUNK HEAD」の新カットが一挙に到着した。

「JUNK HEAD」新カットより、暗闇に住む異形種。

「JUNK HEAD」新カットより、暗闇に住む異形種。

大きなサイズで見る(全24件)

「JUNK HEAD」新カットより、ニコ(右)とホクロ(左)。

「JUNK HEAD」新カットより、ニコ(右)とホクロ(左)。[拡大]

内装業を本職に持つ堀貴秀が監督、原案、キャラクターデザイン、撮影、照明、音楽を担当し、7年掛けて独学で制作した本作。すべて手作りのフィギュアを用いており、総ショット数は約14万コマに及ぶ。2017年のファンタジア国際映画祭では最優秀長編アニメーション賞を受賞し、ギレルモ・デル・トロからも激賞された。

「JUNK HEAD」新カットより、ドクター・ルーチー(中央左)、助手サトウ(左)、助手アダチ(中央右)、ペット的存在のIQ-P(右)。

「JUNK HEAD」新カットより、ドクター・ルーチー(中央左)、助手サトウ(左)、助手アダチ(中央右)、ペット的存在のIQ-P(右)。[拡大]

劇中では、環境汚染やウイルス感染により滅亡へ向かう世界を舞台に、主人公パートンの人類存続を懸けた冒険が描かれる。調査員として地下世界に潜入したパートンは、そこで独自に進化した人工生命体マリガンに出会うこととなる。

「JUNK HEAD」新カットより、デスワーム。

「JUNK HEAD」新カットより、デスワーム。[拡大]

「JUNK HEAD」新カットより、バルブ村の住人たち。

「JUNK HEAD」新カットより、バルブ村の住人たち。[拡大]

このたびマリガンたちの姿を捉えたカットが到着した。用途別に6種類が創造され、それ以外はクローンとされていたマリガン。しかし地下都市に変異体として生命を実らせた“木”が出現し、そこから独自の多様性を持つマリガンたちが生み出された。男女のような形態はあるが、生殖能力は機能していないのが特徴。新カットには脳を強化されたマリガンのドクター・ルーチー、女形マリガンのニコと異形種のホクロ、壁の怪物デスワーム、バルブ村という場所に住むマリガンたちの姿が収められている。

「JUNK HEAD」新カットより、異形生物トリムティ。

「JUNK HEAD」新カットより、異形生物トリムティ。[拡大]

「JUNK HEAD」は3月26日より東京・アップリンク渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全24件)

関連記事

堀貴秀のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 MAGNET/YAMIKEN

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 JUNK HEAD / 堀貴秀 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。