三谷作品に初参加・松坂慶子と常連・鈴木京香、野村萬斎主演「死との約束」振り返る

113

三谷幸喜が脚本を手がけ、野村萬斎が主演を務めるスペシャルドラマ「死との約束」より、キャストの松坂慶子鈴木京香のインタビューコメントが到着した。

左から松坂慶子演じる本堂夫人、鈴木京香演じる上杉穂波。

左から松坂慶子演じる本堂夫人、鈴木京香演じる上杉穂波。

大きなサイズで見る(全10件)

「死との約束」

「死との約束」[拡大]

本作は三谷がアガサ・クリスティの推理小説をドラマ化するシリーズの第3弾。昭和30年代の熊野古道を舞台に、休暇中のホテルで一風変わった本堂家と出会った名探偵・勝呂武尊が、本堂夫人が死体で見つかった事件を解決していくさまが描かれる。萬斎が勝呂役で続投し、城宝秀則が演出を担当した。

「死との約束」

「死との約束」[拡大]

事件の被害者で、旅先の熊野で遺体で発見される本堂夫人を演じた松坂は三谷作品に初参加。未亡人として一家を束ね、家族を思いのままに支配するという役どころを「三谷さんの脚本では、“ひどい人なんだけれど笑っちゃう”そこがすてきで面白いですよね」と語った。三谷作品の“常連”である鈴木が演じた婦人代議士・上杉穂波は勝呂とは旧知の仲で、2人のラブロマンスの行方も見どころの1つ。鈴木は自身の役について「難しかったです。意味もなく笑顔で勝呂を突き飛ばしたりするシーンとか、どうやろうかなって思いました」と振り返っている。

「死との約束」は、フジテレビで3月6日21時より放送。

スペシャルドラマ「死との約束」

フジテレビ 2021年3月6日(土)21:00~

松坂慶子 コメント

オファーが来たときの率直な感想

アガサ・クリスティーの作品は大好きで、本も読んでおりましたし、映像化された作品も楽しみに見ていたのでとてもうれしかったです。そして三谷さんはあこがれの方でしたので、今回初めてご一緒できてとてもうれしいです。“やったー!”という感じでした。

台本を読んだときの感想

昭和30年という時代の中で繰り広げられるお話がとても面白かったですし、本堂夫人が、とてもマイペースで、みんなが“あーあの人がいなければ幸せなんだけれどな。早く死んでくれないかなあ”ってそういう大変な母ではあるのですが、台本を読んでいるとなんだか、スカッとするんですよね。こんな風に遠慮無く思っていることをずけずけと言ったらさぞ、気持ちがいいだろうなあと。そして三谷さんの脚本では、“ひどい人なんだけれど笑っちゃう”そこがすてきで面白いですよね。

今回の役を演じての感想

それが不思議なのですが、実際(セリフを)口に出して言ってみると、“あら、こんなこと今までに私言ったことあるわ! 後で、しまった!と思うけれど、言ったことあるわ”と。きっと普通の人は年に一度くらいしか言わないことなんでしょうけれども、それを本堂夫人は1日に何十回も言っている人で。胸がすくような、それでいてクスッと笑ってしまうような面白さがあるんです。でも普通の人は言ってしまったそばから“ああ、今のは取り消したい”って思うのでしょうが、夫人はそういうことはなくて。でも、あくの強い人に見えますが、孤独だったり、寂しい気持ちがきっとそこにはあるんだと思います。夫が生きているときはもっと夫がとりなしてくれて、子どもたちとの仲もうまくいっていたんでしょうけれど、今は自分は、よかれと思って、子どもたちを守りたいと思って言っているんでしょうが、そこがうまく伝わらなくて、空回りしている面も実はあるのではないでしょうか。でも今回の本堂夫人の役は面白い役ですから、俳優として皆さん、一度は演じてみたい役だと思います。山道のベンチで横たわっている(遺体の)シーンでは、3日間にわたってみなさんがそのシーンに携わるんですけれど、まるで順番待ちのアトラクションのようになっていて。“はい、次の方”みたいな(笑)。こういう撮影も初めての経験でした。

野村萬斎との共演について

ジェントルマンな方ですね。やはり狂言の世界の方なので、体幹がしっかりされていて、姿勢が頭の先からつま先まですっとまっすぐで、素晴らしいな思いました。そして萬斎さんが現場にいらっしゃると(現場の)空気がしまりました。今回ご一緒させていただいて本当に楽しかったです。

視聴者へのメッセージ

今コロナ禍でどこにも外出できない方が多いと思うので、是非このドラマで熊野古道や豪華なクラシックホテルの中で繰り広げられるドラマをお楽しみいただければと思います。そして素晴らしいキャストの方々が結集しているので、きっと見応えのある作品だと思いますので、大いにこの世界に入って楽しんでいただけたらと思います。私も楽しみにしています。

鈴木京香 コメント

オファーが来たときの率直な感想

「オリエント急行殺人事件」も「黒井戸殺し」も見ていましたからすごくうれしかったです。しかも、名探偵・勝呂のかつての知り合いだった女性という役。台本が待ち遠しかったです。

台本を読んだときの感想

映画「死海殺人事件」も見たのですが、エキゾチックな舞台を日本に置き換えても違和感なく、より一層面白い。そこが三谷さんの脚本の素晴らしいところだなと思いました。元々素晴らしい原作や映画もあって、ちょっとおじけづきそうなところもあったのですが、三谷さんの台本を読んだ時に、登場人物の関係性や、物語が動いていく時の面白さが見え、安心して穂波という役を演じることができると思いました。

今回の役を演じるにあたって

三谷さんの作品では、前に演じさせていただいた役と同じイメージにはしたくない、といつも頭においているので、しっかりと役を作って臨みたいと思いました。加えて今回は、“勝呂との関係性をどう見せるか”というのが一番難しいところだと思いました。見てくださった方がミステリー、サスペンスとしてきちんと引き込まれるように勝呂と向き合いたかったので、そこがやりがいのあるところでもあり、サスペンスの醍醐味だと感じました。

今回の役を演じての感想

難しかったです。意味もなく笑顔で勝呂を突き飛ばしたりするシーンとか、どうやろうかなって思いましたし。政治家は一度やってみたかった役です。昭和30年代の女性政治家は、きっと当時では珍しく、目立つ存在だったと思うので、その役を演じられるのはとても光栄でした。

野村萬斎との共演について

萬斎さんは、さすが動きがきれいで、セリフ回しにも品格がある、とてもチャーミングな方。私が突き飛ばすシーンでも、面白い落ち方をしようと工夫してくださるんです。三谷さんが、“ポワロに並ぶ日本の名探偵を作りたい”と、勝呂を萬斎さんに、とおっしゃるのがわかるような気がします。ご一緒させていただいてとても楽しかったです。

視聴者へのメッセージ

昭和30年に時代を置き、熊野古道に舞台を置き、それが本当にドラマに魅力を与えていて、ゴージャスなサスペンスにできあがっていると思います。勝呂は西洋の文化と知性を取り入れた成熟した男性。その魅力がミステリーに加わるとこんなにも面白くなるものなのかなと思いました。ロケを行った熊野古道もとても神秘的な場所でしたし、いろいろな方に楽しんでいただけるスペシャルドラマになっていると思います。

この記事の画像(全10件)

関連記事

松坂慶子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)フジテレビ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 松坂慶子 / 鈴木京香 / 野村萬斎 / 三谷幸喜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。