まさしく“三谷マジック”、野村萬斎が主演ドラマ「死との約束」の魅力伝える

97

スペシャルドラマ「死との約束」で主演を務めた野村萬斎のインタビューコメントが到着した。

勝呂武尊役の野村萬斎。

勝呂武尊役の野村萬斎。

大きなサイズで見る(全11件)

「死との約束」

「死との約束」[拡大]

三谷幸喜が脚本を手がけた本作は、アガサ・クリスティの推理小説をドラマ化するシリーズの第3弾。昭和30年代の熊野古道を舞台に、休暇中のホテルで一風変わった本堂家と出会った名探偵・勝呂武尊が、本堂夫人が死体で見つかった事件を解決していくさまが描かれる。「オリエント急行殺人事件」「黒井戸殺し」に続き萬斎が勝呂を演じ、城宝秀則が演出を担当した。

三谷による脚本の魅力を、萬斎は「アガサ・クリスティの原作を好んでいる方からすると、ポワロってちょっと嫌なやつということも含めて、原作に忠実であってこそ面白い。それをまさしく三谷マジックが日本人の感覚でも受け入れやすい作品に仕上げたと思っています。今回もエルサレム、死海を熊野古道に置き換えるというところとか、他にも“ABC殺人事件”を“いろは殺人事件”に言い換えるとか、そういうウイットに富んだ変換術も非常に面白いですし、演じていてもとても楽しいんですよ」と語る。

「死との約束」

「死との約束」[拡大]

本作には、本堂夫人役の松坂慶子をはじめ、山本耕史、シルビア・グラブ、市原隼人、堀田真由、原菜乃華、鈴木京香ら幅広い世代のキャストが参加。萬斎は「松坂さんはあこがれの銀幕のスターの一人ですし、シルビア・グラブさんや山本耕史さんはこれまでご一緒したことがなかったので、今回スリリングな駆け引きができたのも楽しかったです」「鈴木京香さんはお美しい方ですが、実はとてもはつらつとした明るい方で、三谷さんがお好きな女優さんだということがよくわかりました。僕もすっかり京香さんのファンになりました」と共演の感想を述べた。コメント全文は以下に記載している。

「死との約束」は、フジテレビで3月6日21時より放送。

スペシャルドラマ 土曜プレミアム「死との約束」

フジテレビ 2021年3月6日(土)21:00~23:40

野村萬斎 コメント

本作の話を聞いたときの感想

三谷さんは、すでに「黒井戸殺し」を撮影している頃から今作の構想がおありだったようで、“次回は勝呂が淡い恋をする…”とおっしゃっていたんです。その通り、今回は女性に囲まれている!という、とても華やいだ心地でした(笑)。今までの勝呂は“風変わりな小男”というイメージがありましたが、シリーズを追うごとに、人間味を増してきている気がしました。

三谷幸喜の脚本の魅力

“楽しく読み進める小説のような感覚が三谷さんのこのシリーズにはある”という感想をよくいただきます。アガサ・クリスティの原作を好んでいる方からすると、ポワロってちょっと嫌なやつということも含めて、原作に忠実であってこそ面白い。それをまさしく三谷マジックが日本人の感覚でも受け入れやすい作品に仕上げたと思っています。今回もエルサレム、死海を熊野古道に置き換えるというところとか、他にも“ABC殺人事件”を“いろは殺人事件”に言い換えるとか、そういうウイットに富んだ変換術も非常に面白いですし、演じていてもとても楽しいんですよ。

勝呂のキャラクターがなじんできた実感はあるか?

3作目にしてある程度投球方法も定まってきたところはありますね。豪華な役者さんたちとの演技やセリフのキャッチボールもどんどん楽しくなってきました。ポワロ自身は少し憎たらしくて、露悪的なところがあったり、卑劣だったり。勧善懲悪ではあるものの、格好いい系とはちょっとちがう探偵です。でも、どこか正義感は持っているところがこのキャラクターの魅力だと、改めて今回演じながら思いました。三谷さんの好きな探偵はくせ者が多いかもしれませんね(笑)。

前作から3年のインターバルを経て

さすがに3回目になりましたので、勝呂のスタイルもある意味確立されてきて、すっと入りやすくなりました。ヒゲのように、象徴的なものを身につけると勝呂の話し方に自然と入りやすくなるので、ヒゲは演じる上での助けにもなっています。“三谷節”をやっているとだんだん“ちょっと古畑任三郎ぽいかな?”って思うような間ができてくることがありますが(笑)、そこは勝呂なりの間に変えられるようになってきたような気がします。どうしてもしゃべりが中心になってくるので、動きの部分ででもバリエーションをだしていきたいと、無声映画のチャップリンみたいな動きを初回からやっているのですが、意識して強調しているところもあるかもしれません。今回は昭和30年という設定で、一種の時代劇だとも思うんです。その様式美とかある種のパターン化された動きも許されると思うので、そういう楽しみ方もできると思います。また、今回も衣装が素晴らしいですね。大正モダニズムから戦後の洋服の流れも興味深いのではないでしょうか。皆さん、本当に格好いいんです。

3作目にしてもっともややこしい事件という点について

ややこしくてねぇ、謎解きが大変でした(笑)。自分でも何をしゃべっているのかわからないくらいややこしくて。オセロゲームで角を置くと全部色が変わっていくような、すべてが裏返っていくどんでん返しとそのための伏線が本当によくできているなあと思います。今回の脚本は、ご覧になっている皆さんが、“裏切られる展開”かもしれません。トリックも、これまでとは全然違うんです。「オリエント急行殺人事件」、「黒井戸殺し」そして今作と、勝呂は共通ですが、第3弾によって、それぞれ1本1本のアイデンティティーがはっきりとしてきたと思います。そこが今回の魅力でもあると思います。

撮影現場の雰囲気は?

松坂慶子さんから原菜乃華さんまで幅広い世代の皆さんがご一緒でバラエティーに富んでいたのが面白かったですね。松坂さんはあこがれの銀幕のスターの一人ですし、シルビア・グラブさんや山本耕史さんはこれまでご一緒したことがなかったので、今回スリリングな駆け引きができたのも楽しかったです。勝呂は嫌なやつですから、わざと怒らせて言葉を引き出すような駆け引きをうまくするには、はめられる側のリアクションも重要です。押して押していくんだけれどもそれが実は罠だったというような演技の掛け合いが楽しめました。また、若い方々のナチュラルな演技も新鮮でしたね。そして、鈴木京香さんはお美しい方ですが、実はとてもはつらつとした明るい方で、三谷さんがお好きな女優さんだということがよくわかりました。僕もすっかり京香さんのファンになりました。

もし次回作があったら演じてみたい原作、トリックなど

イギリス映画でポアロを演じているケネス・ブラナーに対抗していきたいですね(笑)。すでに三谷さんは次の作品を構想しているというのが、実は我々の耳には入ってきています。でも毎回すごい量のセリフ劇なので、今から戦々恐々ですが。

「死との約束」の魅力

家族がテーマになっているということでしょうか。それと“旅”というもののロマンであり不思議さというものが実は大きなテーマになっています。人と人がその場所で出会う偶然性を含めた、旅の面白さというもの…家族と旅人と。コロナ禍で、皆さん旅がなかなかできないと思いますが、この作品で旅行気分を味わっていただけたらと思います。

視聴者へのメッセージ

第3弾の今作は、過去の2作品とは全く異なる側面をもった、とても非常にスリリングな作品になっていると思います。このトリックの面白さを手に汗握りながらご覧いただきたいですね。場所も熊野古道という日本の神秘のパワースポットということもあって、絵としても非常に楽しんでいただけるのでないかと思います。そして何より、三谷組のおなじみの役者さんをはじめ、素晴らしいキャスト陣がとても熱いお芝居を繰り広げています。もちろん三谷さんならではの笑えるポイントも随所に盛り込まれていて、ぜいたくな作品に仕上がっていますので是非お楽しみください。

この記事の画像(全11件)

関連記事

野村萬斎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)フジテレビ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 野村萬斎 / 三谷幸喜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。