映画のまち調布賞の結果発表、「太陽は動かない」先行上映に羽住英一郎が登壇

48

映画のまち調布シネマフェスティバル2021の映画賞、「第3回映画のまち調布賞」の受賞者・受賞作品が決定した。

「太陽は動かない」 (c)吉田修一/幻冬舎 (c)2020 「太陽は動かない」製作委員会

「太陽は動かない」 (c)吉田修一/幻冬舎 (c)2020 「太陽は動かない」製作委員会

大きなサイズで見る(全13件)

「Fukushima 50」で撮影賞を受賞した江原祥二。

「Fukushima 50」で撮影賞を受賞した江原祥二。[拡大]

功労賞を受賞した石原まき子。

功労賞を受賞した石原まき子。[拡大]

「第3回映画のまち調布賞」は映画制作の現場を支える技術者や制作会社といった“作り手”に贈られる賞。撮影賞は「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」の江原祥二、照明賞は「カツベン!」の長田達也、録音賞は「惡の華」の柳屋文彦が受賞した。美術賞は「カツベン!」の磯田典宏、編集賞は「蜜蜂と遠雷」の石川慶と太田義則、作品賞は「Fukushima 50」が受賞。功労賞は、1月16日に解散した石原プロモーション代表取締役会長の石原まき子に授与される。

羽住英一郎

羽住英一郎[拡大]

映画賞の授賞式は2月20日に東京・イオンシネマ シアタス調布で開催。授賞式の模様はオンライン配信される。授賞式後には藤原竜也と竹内涼真の共演作「太陽は動かない」の先行特別上映が行われ、監督の羽住英一郎がトークゲストとして登壇。チケット購入方法は映画祭公式サイトで確認を。

映画のまち調布シネマフェスティバル2021は2月5日から28日にかけて東京・調布市で開催。

第3回映画のまち調布賞 受賞者・受賞作品

撮影賞:「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」江原祥二
照明賞:「カツベン!」長田達也
録音賞:「惡の華」柳屋文彦
美術賞:「カツベン!」磯田典宏
編集賞:「蜜蜂と遠雷」石川慶、太田義則
作品賞:「Fukushima 50」
功労賞:石原まき子(石原プロモーション代表取締役会長)

映画のまち調布シネマフェスティバル2020

2021年2月5日(金)~28日(日)東京都 調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布

「第3回映画のまち調布賞」授賞式+「太陽は動かない」先行特別上映会

2021年2月20日(土)東京都 イオンシネマ シアタス調布
授賞式開始 16:00 / 上映会開始 17:00(予定)
料金:1400円
<司会>
金児憲史 / 楊原京子
<トークゲスト>
羽住英一郎

この記事の画像(全13件)

関連記事

羽住英一郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 太陽は動かない / Fukushima 50(フクシマフィフティ) / カツベン! / 惡の華 / 蜜蜂と遠雷 / 羽住英一郎 / 金児憲史 / 楊原京子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。