映画秘宝2020年度ベスト&トホホ10が決定、悠木碧の“神映画”ベスト12も

254

映画秘宝の2021年3月号が本日1月21日に発売。2020年度の公開作より選ばれる「ベスト&トホホ10」が発表された。

映画秘宝 2021年3月号の表紙。

映画秘宝 2021年3月号の表紙。

大きなサイズで見る

ベスト1はマット・デイモンクリスチャン・ベールの共演作「フォードvsフェラーリ」に決定。1966年の“ル・マン24時間耐久レース”で絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちの実話を描いた物語だ。アクション監督の谷垣健治は「カーアクション映画に見えて、実は企業映画。ハリウッド版半沢直樹」と評している。またベスト・ガールには「ワンダーウーマン 1984」のガル・ガドット、ベスト・ガイには「悪人伝」のマ・ドンソクが選出された。

ランキングの選者には、同誌創刊者の映画評論家・町山智浩のほか、柳下毅一郎、のん内山昂輝田中俊介斎藤工みうらじゅん、宇多丸(RHYMESTER)、大槻ケンヂ筋肉少女帯)、松永天馬アーバンギャルド)、黒沢薫(ゴスペラーズ)ら総勢153名が名を連ねている。

ほかにも今号では、町山と柳下の対談、声優・悠木碧の「オールタイム神映画ベスト12」および1万8000字ロングインタビュー、「アルプススタンドのはしの方」に出演した小野莉奈中村守里の対談などを展開。表紙イラストはイラストレーターの長野剛が「2020年ベストヒーロー・メドレー」をテーマに描き下ろした。

2020年度映画秘宝「ベスト&トホホ10」

ベスト10

1位「フォードvsフェラーリ」
2位「パラサイト 半地下の家族
3位「ミッドサマー
4位「TENET テネット
5位「悪人伝」
6位「1917 命をかけた伝令
7位「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ
8位「エクストリーム・ジョブ
9位「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
10位「ブルータル・ジャスティス

トホホ10

1位「キャッツ
2位「デッド・ドント・ダイ
3位「TENET テネット」
4位「Fukushima 50(フクシマフィフティ)
5位「チャーリーズ・エンジェル
5位「新感染半島 ファイナル・ステージ
7位「STAND BY ME ドラえもん2
7位「ワンダーウーマン 1984」
7位「犬鳴村
7位「新解釈・三國志

ベスト・ガール

ガル・ガドット「ワンダーウーマン 1984」

ベスト・ガイ

マ・ドンソク「悪人伝」

関連する特集・インタビュー

関連記事

ガル・ガドットのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フォードvsフェラーリ / パラサイト 半地下の家族 / ミッドサマー / TENET テネット / 悪人伝 / 1917 命をかけた伝令 / 屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ / エクストリーム・ジョブ / ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー / ブルータル・ジャスティス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。