深川麻衣の主演作「おもいで写眞」予告解禁、安田レイが主題歌を担当

907

深川麻衣が主演を務めた「おもいで写眞」の予告編がYouTubeで公開された。

「おもいで写眞」ポスタービジュアル

「おもいで写眞」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「おもいで写眞」

「おもいで写眞」[拡大]

本作は「君に届け」「ユリゴコロ」などで知られる映画監督・熊澤尚人が自身の小説を映画化したもの。祖母の死がきっかけで故郷に戻った主人公・音更結子が老人の遺影写真を撮る仕事を始め、さまざまな人と出会いながら成長していくさまが描かれる。結子を深川が演じ、高良健吾香里奈井浦新古谷一行吉行和子が脇を固めた。

予告編は、高良演じる星野が結子に富山弁で「カメラマンやってくれま」と依頼するシーンからスタート。老人に「縁起でもない」と断られ続ける結子だったが、吉行演じる山岸和子との出会いをきっかけに、遺影ではなく“おもいで写真”の撮影を始めることになる。

安田レイ

安田レイ[拡大]

映像の中で流れる主題歌「amber」を歌う安田レイは「時には厳しく、時には優しく、愛の形を教えてくれるみんなと共に成長する結子を、自分に投影して歌わせていただきました」とコメント。「不器用なありがとうを、あなたに届けます。温かいメッセージがたくさん詰まった作品に関われて、本当に幸せです」と述べている。

「おもいで写眞」は2021年1月29日より全国で公開。なお「amber」も同日に配信される。

安田レイ コメント

不器用で、素直に生きるのが下手な主人公の音更結子。
なんだか自分のことを見ているような、そんな錯覚に陥りました。
本当は優しく笑っていたいし、誰かのためにできることを見つけたいのに、
弱い自分を守ることに精一杯で、気付いたら眉間にシワを寄せて世界を睨みつけている日々。
でも、そんな時に肩の力の抜き方を教えてくれるのは、結子の本当の優しさに気付いて側にいる大切な人達。
時には厳しく、時には優しく、愛の形を教えてくれるみんなと共に成長する結子を、自分に投影して歌わせていただきました。
不器用なありがとうを、あなたに届けます。
温かいメッセージがたくさん詰まった作品に関われて、本当に幸せです。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

深川麻衣のほかの記事

リンク

関連商品

(c)「おもいで写眞」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 おもいで写眞 / 深川麻衣 / 安田レイ / 熊澤尚人 / 高良健吾 / 香里奈 / 井浦新 / 古谷一行 / 吉行和子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。