マーク・ラファロが1人2役、主演ドラマ「ある家族の肖像」の特別映像解禁

77

マーク・ラファロが1人2役を務めた主演ドラマ「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」の特別映像がYouTubeで解禁された。

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」ビジュアル

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」ビジュアル

大きなサイズで見る(全28件)

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」[拡大]

ウォーリー・ラムの小説を原作に、精神疾患を患う双子の兄を1人で支えるドミニクを主人公にした本作。過去のトラウマや新たに明かされる家族の秘密など、数々の困難に直面しながらも、人生を立て直そうと葛藤していく姿が描かれる。

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」メイキング写真

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」メイキング写真[拡大]

国内では9月30日にスターチャンネルで最終回が放送されたばかり。現在、全6話をAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」で観ることができる。このたび解禁された映像では、ラファロをはじめとしたキャスト陣と監督のデレク・シアンフランスらが撮影を振り返っており、一部ネタバレが含まれるためご注意を。

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」メイキング写真

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」メイキング写真[拡大]

「ブルーバレンタイン」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」で知られるシアンフランスは「私の普遍のテーマである“家族の宿命”を描いた。それに抗おうとする家族のドラマだ」と本作を紹介。さらに双子という題材について「兄弟の独自性に前から興味があった。いわゆる“氏より育ち”だ。同じ家に育った2人でも全く違う人生を歩むことがある」と語る。

一卵性双生児のため見た目は似ているが、性格がまったく異なる2人を演じ分けたラファロ。弟ドミニクを演じる際には9kg減量し、その後18kg体重を増やして兄トーマスの芝居に臨んだ。「家族は物語の宝庫」と語るラファロは「あるアメリカ人一家の濃密な物語だ。血の因縁とトラウマを描いている」とテーマに言及。製作総指揮も兼任した本作の演技で、第72回プライムタイム・エミー賞のリミテッドシリーズ / テレビムービー部門の主演男優賞に輝いた。

この記事の画像・動画(全28件)

関連記事

マーク・ラファロのほかの記事

リンク

(c)2020 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 マーク・ラファロ / デレク・シアンフランス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。