「いのちの停車場」吉永小百合が医師役に歓喜、松坂桃李と広瀬すずは現場の“太陽”に

650

吉永小百合主演作「いのちの停車場」の会見が本日9月11日に東京・東映東京撮影所で行われ、キャストの吉永、松坂桃李広瀬すず西田敏行みなみらんぼう、監督の成島出が出席した。

「いのちの停車場」撮影現場会見にて、左から西田敏行、広瀬すず、吉永小百合、松坂桃李、みなみらんぼう、成島出。

「いのちの停車場」撮影現場会見にて、左から西田敏行、広瀬すず、吉永小百合、松坂桃李、みなみらんぼう、成島出。

大きなサイズで見る(全23件)

役衣装で登壇したキャスト陣。左から広瀬すず、吉永小百合、松坂桃李。

役衣装で登壇したキャスト陣。左から広瀬すず、吉永小百合、松坂桃李。[拡大]

南杏子の小説をもとにした本作。救命救急医として大学病院で働いてきた医師・白石咲和子が石川の実家へ戻り、在宅医療を通して患者と向き合うまほろば診療所で働く姿が描かれる。

吉永小百合

吉永小百合[拡大]

咲和子役の吉永は「通称“ドクターS”でございます」とお茶目に名乗り、「(このような状況下で)クランクインできるかドキドキしていましたが、キャストもスタッフもパワー全開でやっております。温かく見守ってください」と挨拶する。このたび122本目の出演作にして初の医師役に挑戦。「7、8年前に成島監督と一緒に何かやろうと話した際、監督の『孤高のメス』が好きだったのでドクター役は?と伺ったんです。でもなかなかぴったりの作品がなくて。今回はうれしいです」と心境を語り、「命の大切さや、どう生きるか、どのように命を“しまう”か。そういったことを真正面から描きたいですし、患者さんの思いを受け止められるようなドクターを演じ切りたいです」と意気込んだ。

松坂桃李

松坂桃李[拡大]

広瀬すず

広瀬すず[拡大]

松坂は、咲和子を追ってまほろば診療所で働き始める元大学病院事務員・野呂聖二役で出演。吉永との初共演に「大変緊張しております」と背筋を伸ばし、「いつか吉永さんとご一緒したいと思っていたので本当にうれしくて。どのようにお芝居され、役を作るんだろうと興味があり、日々勉強させていただいております」と現場での様子を語る。診療所を支える訪問看護師・星野麻世役の広瀬も、初共演の吉永に「現場でも1つひとつ丁寧で、それが芝居ににじみ出ています」と尊敬のまなざしを向ける。咲和子に対して強く出るところもある役柄のため、そのようなシーンでは「ビビりながらやってます(笑)」と打ち明けて吉永と笑い合った。

左から西田敏行、広瀬すず。

左から西田敏行、広瀬すず。[拡大]

診療所院長・仙川徹に扮する西田は「天国の駅」「天国の大罪」で吉永と共演している。西田は「吉永さんといると心が“天国”でした」と当時を述懐。本作の現場も「天国です」と幸せそうに表現し、「吉永さんは役柄によって現場をリードするときもあれば、そっと俯瞰しているときもある。自在に視線を向けていらっしゃるんです」と“座長”のたたずまいに言及する。みなみは診療所スタッフの休息の場・BAR STATIONのマスター・柳瀬尚也役で、約43年ぶりに映画に出演。「この映画の根底にある大きなエネルギーを見つけ、これは俺がやってやろうという気持ちになりました」と出演のきっかけを説明した。

成島出

成島出[拡大]

成島は「ふしぎな岬の物語」で吉永と組んだのち、2017年に肺がんを患った。闘病のため現場を離れている間、入院中に吉永からお守りと手紙が届いたと話す。「涙が出るほどうれしくて。必ずよくなってもう一度吉永さんとご一緒するぞという思いで闘病しました。体調が戻った頃に本作のお話をいただき、願えば届くんだなと感激したのが(制作の)スタートでした」と思いを込めて語った。また本作について「死を描くテーマだけど、生をどう描くかも大きなテーマになっています。松坂さんとすずちゃんが太陽のように明るく照らしてくれて、重鎮たちも素晴らしい演技を見せている。監督として本当に幸せな日々です」と喜びを口にした。

また会見の冒頭では、東映の代表取締役社長・手塚治より挨拶が。本作に出演している伊勢谷友介が大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されたことを受け、「大変ショックを受けております」としながら本作の展開について説明した。製作側と関係各社の間で相談を重ねたうえで「製作と配給を担当する東映といたしまして、同俳優のシーンはカットせず完成させ、公開することといたしました」と報告。「映画は元来劇場での公開をスタートとし、鑑賞しようという意志を持った方に有料で鑑賞していただくクローズドなメディアです。テレビやコマーシャルとは異なると思っています。そういった東映の見解のもと、今回は作品を守るという判断をさせていただきました」と語った。

伊勢谷と初共演し、すでに共演シーンも撮っている吉永は「伊勢谷さんは脊髄損傷の四肢麻痺を患い、咲和子に『自分をよみがえらせてほしい』と頼む患者の役です。お互いに思いをぶつけていいシーンが撮れたと思っています。報道を知って残念な思いでいますし、事実がわからない部分もありますが、乗り越えてまた撮影の現場に帰ってきてほしいです」と思いを吐露した。

「いのちの停車場」は2021年に全国で公開。

この記事の画像(全23件)

関連記事

吉永小百合のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021「いのちの停車場」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 吉永小百合 / 松坂桃李 / 広瀬すず / 西田敏行 / みなみらんぼう / 成島出 / 伊勢谷友介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。