「コンフィデンスマンJP」長澤まさみ、初日迎え「この世界が愛され続けるといいな」

577

コンフィデンスマンJP プリンセス編」の初日舞台挨拶が本日7月23日に開催され、全国201の劇場に生中継された。

長澤まさみ

長澤まさみ

大きなサイズで見る(全24件)

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」初日舞台挨拶の様子。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」初日舞台挨拶の様子。[拡大]

田中亮が監督した本作は、「コンフィデンスマンJP」の劇場版シリーズ第2弾。マレーシアにあるランカウイ島を舞台に、ダー子、ボクちゃん、リチャードの“詐欺師トリオ”が、世界有数の大富豪レイモンド・フウの遺産10兆円を巡ってコンゲームを繰り広げる。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の魅力について話す長澤まさみ。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の魅力について話す長澤まさみ。[拡大]

この舞台挨拶には、ダー子役の長澤まさみ、ボクちゃん役の東出昌大、リチャード役の小日向文世、五十嵐役の小手伸也、そしてゲスト出演した白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)、関水渚古川雄大が登壇。本作は当初5月の公開を予定していたことから、冒頭の挨拶で長澤は「今日この日を迎えることができ、安心したという気持ちと、感慨深い想いでいっぱいです。2カ月半くらい遅れての公開になりましたが、延期になってからも『この作品を観たい!』という士気が高まっている気がして、ファンがたくさんいてくれることを感じ、なんだかうれしい気持ちでした」と述べる。また長澤に「今回、小手さんが主役みたいなものですもんね!」といじられた小手は、「そういうミスリードは危ないと思いますよ!(笑)」と返した。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の魅力について話す東出昌大。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の魅力について話す東出昌大。[拡大]

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の魅力について話す白濱亜嵐。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の魅力について話す白濱亜嵐。[拡大]

本作の魅力をフリップに書いて答えるコーナーで、長澤は「FAKE」と回答。「いろんな人になりすましてだましていくのがすごく楽しいので、『嘘』や『偽り』という『コンフィデンスマンJP』ならではのものに魅力を感じています」と続ける。東出はフリップに「笑」と書き、「出演者もスタッフさんも本当に仲が良くて、わきあいあいと楽しい空気の中で撮っています。その“笑い”みたいなものが通底しているからこそ、この作品ができていると思う」と説明。「ド派手」と答えた白濱は、「キャストも豪華だし、マレーシアで撮影したりと、映画の規模がとにかくド派手! 僕自身も休みの日、ジェットスキーで島中を回ったり、楽しませてもらいました。観たプール、観た海には全部入りました(笑)」と告白した。

左から長澤まさみ、白濱亜嵐、小日向文世。

左から長澤まさみ、白濱亜嵐、小日向文世。[拡大]

古川雄大

古川雄大[拡大]

ストーリーにちなみ「10兆円あったら何に使う?」という話題では、小日向が「映画『コンフィデンスマンJP』を100本くらい作る! そして寅さん(『男はつらいよ』)を抜く!」と熱弁。長澤が「1本にすごいお金を掛けるっていうのはどうでしょうか?」と提案すると、キャストたちは「宇宙に行けるよ!」と盛り上がり、「月面編」の構想を立てた。また同じ質問に、古川は「世界中に豪邸を建てて、毎週末いろいろなところで過ごせたら……」と言って、小日向から「それでも全然おつりが来るよ!」とツッコまれる。それを受け関水は「私も世界中に家を建てたいなと思いました。でも、お金が余るということなので、私は家政婦も雇って掃除もしてもらいたいです」と続けた。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」初日舞台挨拶の様子。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」初日舞台挨拶の様子。[拡大]

最後の挨拶では長澤が「この世界がいつまでも愛され続けるといいなと思っています。過去作も、今回の作品も、ずっとずっとたくさんの人に観ていただけるように、これからも“コンフィデンスマン”としてがんばっていきたいと思います」とシリーズへの愛を語った。

この記事の画像(全24件)

関連記事

長澤まさみのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 コンフィデンスマンJP プリンセス編 / 長澤まさみ / 東出昌大 / 小日向文世 / 小手伸也 / 白濱亜嵐 / 古川雄大 / 関水渚 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。