長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」新作の夢膨らむ、「五十嵐編と2本立てがいい」

208

コンフィデンスマンJP プリンセス編」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日8月13日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの長澤まさみ東出昌大小手伸也関水渚、監督の田中亮が出席した。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全21件)

「コンフィデンスマンJP」の劇場版シリーズ第2弾となる本作。マレーシアにあるランカウイ島を舞台にダー子、ボクちゃん、リチャードの“詐欺師トリオ”が、世界有数の大富豪レイモンド・フウの遺産10兆円を巡ってコンゲームを繰り広げる。

長澤まさみ

長澤まさみ[拡大]

生中継の実施劇場とのコール&レスポンスに挑戦する小手伸也。

生中継の実施劇場とのコール&レスポンスに挑戦する小手伸也。[拡大]

本イベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため会場に観客を入れず、全国の劇場に生配信された。冒頭では小手が「いたのか」「五十嵐ー!」というシリーズおなじみのコール&レスポンスに果敢に挑むが、ファンの声を直接感じられず、ややさみしそうな表情を浮かべていた。

「ジャッキー・チェンです」と挨拶をしたジャッキーちゃん。

「ジャッキー・チェンです」と挨拶をしたジャッキーちゃん。[拡大]

続いて、本作に出演したモノマネタレント・ジャッキーちゃんがステージへ上がって「ジャッキー・チェンです」と堂々と挨拶する。「皆さんをお祝いしたくて駆け付けました」と片言の日本語で話す彼に「さっき『ご無沙汰してます』って挨拶してましたよね」と小手がツッコむと、東出は「(小手を)サモ・ハン・キンポーと間違えたんじゃないですか?」と小手に目配せをした。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。[拡大]

舞台挨拶の中盤には小日向文世もリモートで参加。そして長澤からシリーズ第3弾「コンフィデンスマンJP 英雄編」の製作決定が告げられた際には、事前に知らされていなかった共演者たちは大いに驚いた。なお同作は「プリンセス編」の登場人物がキーパーソンになるそうで、撮影地、撮影時期、公開日は現時点では未定だ。

ロケ地の希望を尋ねられた長澤は「国内! 近所がいいなあ……」と述べ、「『英雄編』と『五十嵐編』の2本立てにしたいな」と期待を込めて話す。小日向は「CGを多用してとんでもないことをやりたいですね」とのんびりした口調で語り、小手から「海外に行きたくないという思想が透けすぎている!」と笑われていた。

最後に長澤は「全国の子猫ちゃんの皆さん!」とファンに呼びかけ、「子供も大人も、みんなひっくるめて楽しんでいただけたら」と作品をアピールしてイベントを締めた。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全21件)

関連記事

長澤まさみのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 コンフィデンスマンJP プリンセス編 / 長澤まさみ / 東出昌大 / 小日向文世 / 小手伸也 / 関水渚 / 田中亮 / ジャッキーちゃん の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。