草なぎ剛主演「ミッドナイトスワン」公開は9月、“母娘”の新写真も到着

3152

草なぎ剛が主演を務める「ミッドナイトスワン」の公開日が9月25日に決定。ティザービジュアルと新たな場面写真も到着した。

「ミッドナイトスワン」ティザービジュアル

「ミッドナイトスワン」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

本作は、体と心の葛藤を抱えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)が、親から愛を注がれずに生きてきた中学生・桜田一果(さくらだいちか)と出会い、母性に目覚めるさまを描く物語。凪沙を草なぎが演じ、一果には新人の服部樹咲が扮した。さらに水川あさみ、真飛聖、田口トモロヲ、田中俊介、吉村界人、真田怜臣も出演。「下衆の愛」「全裸監督」の内田英治が監督と脚本を手がけた。

「ミッドナイトスワン」新場面写真

「ミッドナイトスワン」新場面写真[拡大]

このたび公開されたティザービジュアルには、楽屋のきらびやかな衣装を背景に、1人物憂げな表情を浮かべる凪沙の姿が収められた。そして場面写真には、凪沙が大切にしていた白鳥の羽飾りを一果に授ける様子が切り取られている。

なお本日7月8日に、内田による小説版「ミッドナイトスワン」が発売される。登場人物たちのバックグラウンドも描かれる同小説について、内田は「脚本執筆とまったく異なり、試行錯誤の連続でしたが、本当に書いてよかったと思っています。とくに映画では描かれていない、凪沙の恋の話や、一果に対する心の声、さらには一果がなぜバレエに夢を抱くようになったのかなど、新エピソードを交えております。映画の前でも、後でも、ぜひ読んでください」とコメントした。

「ミッドナイトスワン」は東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

この記事の画像(全7件)

関連記事

草なぎ剛のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS