草なぎ剛がトランスジェンダー演じた「ミッドナイトスワン」初映像、広島弁も披露

2960

草なぎ剛が主演を務める「ミッドナイトスワン」より、初映像となる予告編3種がYouTubeで公開された。

「ミッドナイトスワン」ポスタービジュアル

「ミッドナイトスワン」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全26件)

「ミッドナイトスワン」

「ミッドナイトスワン」[拡大]

トランスジェンダー女性として体と心の葛藤を抱えながら生きる凪沙を主人公にした本作。彼女が親からの愛を受けずに育った中学生・桜田一果と出会い、母性に目覚めるさまを描く。草なぎが凪沙、新人の服部樹咲が一果を演じた。

実の親子のように小さな部屋で共同生活を送る凪沙と一果。予告には凪沙が一果の髪を櫛でとく場面や、2人が食卓を囲む様子も。凪沙が広島弁で「うちらみたいなんは、ずっと1人で生きていかんといけんのんじゃ。強ならんといかんで」と、一果を強く抱きしめながら語るシーンも確認できる。

本作には草なぎと服部のほか、一果を支えるバレエ教室の先生役で真飛聖、若くして一果を生んだ実の母親役で水川あさみ、凪沙が働くショーパブのママ役で田口トモロヲも出演。予告のバックに流れるメインテーマは音楽家の渋谷慶一郎が書き下ろした。

「下衆の愛」「獣道」の内田英治が自らのオリジナル脚本を映画化した「ミッドナイトスワン」は、9月25日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

この記事の画像・動画(全26件)

関連記事

草なぎ剛のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS