吉川晃司が「探偵・由利麟太郎」の見どころ語る!志尊淳、田辺誠一とのやりとりに注目

561

ドラマ「探偵・由利麟太郎」で主演を務める吉川晃司のインタビューコメントが到着した。

左から志尊淳演じる三津木俊助、吉川晃司演じる由利麟太郎、田辺誠一演じる等々力。

左から志尊淳演じる三津木俊助、吉川晃司演じる由利麟太郎、田辺誠一演じる等々力。

大きなサイズで見る(全24件)

「探偵・由利麟太郎」

「探偵・由利麟太郎」[拡大]

横溝正史の「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化した本作の主人公は、吉川演じる冷静沈着な元警視庁捜査一課長の探偵・由利麟太郎。劇中では彼がミステリー作家志望の青年・三津木俊助とコンビを組み、京都を舞台に怪事件を推理していくさまが描かれる。志尊淳が三津木役、田辺誠一が由利の旧友である京都府警警部・等々力役でキャスティングされた。

吉川晃司演じる由利麟太郎。

吉川晃司演じる由利麟太郎。[拡大]

本作が地上波の連続ドラマ初主演となる吉川。「そこは正直に言って、あまり意識していないんですよ。『俺でいいの? 大丈夫なの?』とは思いましたけどね」と笑い、オファーを受けたときの心境を「面白い挑戦だなと思いました。そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声をかけないでしょう(笑)。変わったこと、攻めたことをやりたいというプロデューサーや監督の思いを感じました」と回想する。

吉川晃司演じる由利麟太郎。

吉川晃司演じる由利麟太郎。[拡大]

また吉川は「由利は、金田一耕助とも対照的で、推理においては徹底的に現場を観察して、記憶し、分析していく。今回の作品では、アメリカのハンターから学んだやり方(トレース技術)が、彼の基盤になっているという設定なんです」と自身が演じる役を説明。そして「由利麟太郎は、過去のある事件のことを引きずっていて、心の根底に深い孤独感がある。二度と取り戻せないものをずっと追い求め、人生をさすらっている……。演じるうえでは、そんな彼の内面を、セリフじゃなく横顔や後ろ姿で醸せればと思っていました。だから劇中でも、必要最小限しかしゃべっていません。たまには、こういう主人公がいてもいいんじゃないですか?(笑)」と役作りについて語った。さらに「打ち合わせのとき、ちょっと前から弓をやり始めたという話をしたら、『それいいですね!』と言われて、由利麟太郎も弓道をたしなんでいる設定になりました(笑)。事件の真相を見抜くべく、精神を集中させるくだりで、弓道のシーンが出てきます」と紹介する。

吉川晃司演じる由利麟太郎。

吉川晃司演じる由利麟太郎。[拡大]

先端恐怖症だという由利。自身の弱点を問われた吉川は「高いところが苦手です(笑)。今回、撮影所の屋上から下をのぞき込むというシーンがあったんですが、『吉川さん、もっと身を乗り出してください』と指示されて……。なんとなく、カメラマンも僕を見ながらニヤニヤしているんですよ。だから、あれは僕の弱点を誰かスタッフが知っていて、わざといじめたんじゃないかと疑っています」と笑顔を見せる。

最後に吉川は「地上波のドラマとしては攻めた、挑戦的な企画だと思っています。まずは、その不思議な手触りを楽しんでほしいですね」とコメントし、「由利麟太郎と助手の俊助、さらに田辺くんが演じる等々力警部を加えた3人のやりとりにも、ぜひ注目してください。『ホラーミステリー』の中で、ちょっとしたアクセントになっていると思います」とアピールした。

「探偵・由利麟太郎」は、本日6月16日21時からカンテレ・フジテレビ系で5週連続オンエア。「桜ノ雨」の小林弘利が脚本、ドラマ「後妻業」の木村弥寿彦が演出とプロデュースを担当した。

探偵・由利麟太郎

カンテレ・フジテレビ系 2020年6月16日(火)スタート 毎週火曜 21:00~21:54
※初回15分拡大放送

この記事の画像(全24件)

関連記事

吉川晃司のほかの記事

リンク

関連商品