吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が再び「東京タラレバ娘」に!SPドラマ今夏放送

1748

吉高由里子榮倉奈々大島優子が共演するスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」が、日本テレビで今夏に放送される。

左から榮倉奈々演じる香、吉高由里子演じる倫子、大島優子演じる小雪。

左から榮倉奈々演じる香、吉高由里子演じる倫子、大島優子演じる小雪。

大きなサイズで見る(全5件)

吉高由里子演じる倫子。

吉高由里子演じる倫子。

東村アキコのマンガをもとに2017年に連続ドラマ化された「東京タラレバ娘」。3年ぶりのドラマ版となる本作では、33歳になり結婚へ向かおうとしている倫子や、ひと足早く結婚した香、夢だった自分の店の準備を進める小雪たちの奮闘が描かれる。倫子役で吉高、香役で榮倉、小雪役で大島が続投。連続ドラマに引き続き、松田裕子が脚本、鈴木勇馬が演出を担当し、主題歌はPerfumeの「TOKYO GIRL」に決定した。

榮倉奈々演じる香。

榮倉奈々演じる香。

このたび、キャストのインタビューも到着。榮倉は「連ドラが終わったとき、3人でいつかまたやれたらいいねと、タラレバ話をしていました。それが本当に実現する!と決まり、うれしい反面、少し恐怖心があります」と語り、「セリフがいっぱいあるので大変で……(笑)。そこが視聴者の皆さんも楽しみにしてくださっている1つだと思うのですが、3人のマシンガントークが本当にプレッシャーです」と心境を明かす。

大島優子演じる小雪。

大島優子演じる小雪。

また小雪役に思い入れが強いという大島は「このために前髪を伸ばしてたんですよ(笑)」「連ドラのときはエクステだったので、地毛でどうにかできるように、ずっと大事に大事に前髪を育ててましたね」と裏話を披露。タイトルにちなんだ“タラレバ話”を尋ねられると、大島は「もし違う年に生まれてたら、巡り会わなかったし、(この3人での)タラレバ娘ってなかったのかなって思いました」と述べ、吉高も「確かに! こんなに仲良くなるとは思わなかった。終わってから3年経っても、ご飯ちょこちょこ行ったり、おうちに遊びに行ったりして。いい出会いだったなって」と同意した。

吉高は「今回も、楽しく、かわいく、ハッピーな気持ちになるドラマになると思うので、3年経った3人娘たちを……もう娘とは言えないかもしれないけれど(笑)、見守っていただけたらうれしいです!」とアピール。榮倉は「たくさんの方に愛されたタラレバ娘を、また演じることができて、私自身もとてもうれしいです」、大島は「それぞれが、自分が追い求める『幸せ』っていうものを見つけようとあがいていますので、その姿にぜひとも注目してください!」とメッセージを送った。なお東村のコメントも以下に掲載している。

東京タラレバ娘2020

日本テレビ 2020年夏放送

東村アキコ コメント

東京タラレバ娘のドラマから、あっっっという間にもう3年… 実はその3年前から、「2020年にスペシャルドラマをやりましょうね!」とみんなで約束してたんです。
それが本当に実現して作者としてこれ以上の喜びはありません!
遠い未来だと思ってたオリンピックイヤーがやってきて、しかも残念ながら延期になってしまいましたが、タラレバ娘の三人にはまたあの頃のように、いえ、さらにパワーアップして暴れてもらって日本に元気を与えてほしいと思っております。

この記事の画像(全5件)

関連記事

関連商品