新種の植物がもたらす幸福とは…カンヌで女優賞獲得した“ボタニカルスリラー”公開

103

第72回カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いたエミリー・ビーチャム主演作「リトル・ジョー」が、6月19日より公開される。

「リトル・ジョー」

「リトル・ジョー」

大きなサイズで見る(全2件)

主人公は「幸せになる香り」を放つ新種の植物リトル・ジョーを開発した研究者であり、シングルマザーのアリス。息子のジョーと向き合えていないことに罪悪感を抱く彼女は、贈り物としてリトル・ジョーの鉢を自宅に持ち帰る。しかし香りを嗅いだジョーが奇妙な行動を取るようになり、花粉を吸い込んだアリスの助手クリスもいつもと違う様子を見せ始める。

監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、「ルルドの泉で」で注目を集めたジェシカ・ハウスナー。科学の発展がもたらす利便性によって成り立つ現代の生活において「絶対にありえない」とは言えない不安をあぶり出す。アリスをビーチャムが演じ、助手クリスに「007」シリーズのQ役で知られるベン・ウィショーが扮した。音楽は、海外の舞台や映画音楽を生前手がけた日本人作曲家・伊藤貞司の楽曲を使用。尺八や和太鼓、琴など和楽器の音色による危うい旋律が鳴り響く。

リトル・ジョーの鉢。

リトル・ジョーの鉢。[拡大]

「リトル・ジョー」は東京・UPLINK吉祥寺ほか全国で順次公開される。なお映画の公開に合わせ、リトル・ジョー30鉢が日本に上陸。実際の撮影に使われた新種の花の成長については今後、配給会社ツインのTwitterで随時更新されていく。公開時にはUPLINKで披露される予定だ。

※「リトル・ジョー」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

(c)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019