20年前の夫と再会!?キアラ・マストロヤンニがカンヌで演技賞受賞したコメディ公開

25

キアラ・マストロヤンニが主演を務めたコメディ「On a Magical Night(英題)」が「今宵、212号室で」の邦題で6月12日に公開される。

「今宵、212号室で」

「今宵、212号室で」

大きなサイズで見る

クリストフ・オノレがメガホンを取った本作の主人公は、夫のリシャールと2人で暮らすマリア。ある日、ひそかに重ねていた浮気をリシャールに知られた彼女は、アパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室へ。すると、窓越しに夫の様子を眺めていたマリアのもとに、20年前の姿をしたリシャールが現れる。さらに彼女の元恋人たちも次々と登場。愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開ける。

マリアを演じたマストロヤンニは、第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門の最優秀演技賞を受賞。20年前のリシャールを「アマンダと僕」のヴァンサン・ラコスト、現在のリシャールをマストロヤンニの元夫であるバンジャマン・ビオレーが演じた。

「今宵、212号室で」は東京・Bunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

※「今宵、212号室で」はR15+指定作品
※「今宵、212号室で」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

関連記事

キアラ・マストロヤンニのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema