王兵による8時間超えの大作「死霊魂」予告、飢餓収容所を生き延びた人々が体験語る

194

「鉄西区」3部作、「三姉妹~雲南の子」などで知られるワン・ビン(王兵)が監督を務めたフランス・スイス合作映画「死霊魂」の予告編がYouTubeで公開された。

「死霊魂」ポスタービジュアル

「死霊魂」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全13件)

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で、インターナショナル・コンペティション部門の大賞となるロバート&フランシス・フラハティ賞、観客賞にあたる市民賞をダブル受賞したドキュメンタリー「死霊魂」。上映時間8時間26分に及ぶ本作の題材となったのは1950年代後半、中国共産党によって、反動的な右派と名指しされた55万人もの人々がゴビ砂漠にある収容所に送られた反右派闘争だ。

「死霊魂」

「死霊魂」[拡大]

「死霊魂」

「死霊魂」[拡大]

予告編には“飢餓収容所”と言われた施設を生き延びた人々が、それぞれの体験をカメラの前で語る様子が収められた。

「死霊魂」は4月4日より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。なお劇場でスクリーンにかけられる際は休憩2回を挟む3部上映となっている。長尺であることを考慮しシアター・イメージフォーラムでは3月2日12時から劇場窓口および劇場オンラインサイトでチケットの予約を受け付ける。

※「死霊魂」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

ワン・ビンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CINÉMA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 死霊魂 / ワン・ビン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。