小関裕太と瀬戸利樹が対峙、山田愛奈は鉈振り上げる「シグナル100」新写真解禁

989

橋本環奈の主演作「シグナル100」より新たな場面写真4枚が解禁された。

「シグナル100」新場面写真

「シグナル100」新場面写真

大きなサイズで見る(全21件)

「シグナル100」

「シグナル100」[拡大]

竹葉リサが監督を務め、「ザ・ファブル」の渡辺雄介が脚本を手がけた本作。担任教師の手により、“シグナル”となる100の行為をきっかけに自殺するよう催眠をかけられた36人の生徒たちが、デスゲームに翻弄されるさまが描かれる。主人公の樫村怜奈を橋本が演じ、サッカー部一のモテ男・榊蒼汰に小関裕太、クールな性格の和田隼に瀬戸利樹、図書委員の園田樹里に山田愛奈、サッカー部のマネージャー・箕輪紀子に恒松祐里が扮した。担任教師・下部役で中村獅童が出演している。

「シグナル100」新場面写真

「シグナル100」新場面写真[拡大]

「シグナル100」新場面写真

「シグナル100」新場面写真[拡大]

このたび解禁された写真には小瓶を手に険しい表情で和田と向き合う榊の姿や、手を銃の形にしてどこかへ向ける和田のうつろな表情が切り取られた。そのほか、鉈を振り上げる園田や女子生徒を引き連れ、ふてぶてしい態度で腕を組む箕輪の姿も。

小関は「“死ぬ”ということも含めて突然の別れ、出会いなど考えもしなかったことが突然起こるかもしれないというのは、この映画に限らず色んなことに通じるのではないかなと思っています」と述べ、「だからこそリアルに感じる部分もあると思います。劇中において、自殺してしまう催眠にかかるなんてそんなことあり得る訳がないと思っていた僕たちの表情に注目しながら、楽しんで頂けたらなと思います」とコメントを寄せた。

宮月新が原作、近藤しぐれが作画を手がける同名マンガをもとにした「シグナル100」は1月24日より全国で公開。

※「シグナル100」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全21件)

関連記事

小関裕太のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「シグナル100」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 シグナル100 / 小関裕太 / 瀬戸利樹 / 山田愛奈 / 恒松祐里 / 竹葉リサ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。