映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「家族を想うとき」元配管工の主演俳優からコメント到着「映画の男は僕そのもの」

117

「家族を想うとき」新場面写真(photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019)

「家族を想うとき」新場面写真(photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019)

現在公開中の「家族を想うとき」より、主人公のリッキーを演じたクリス・ヒッチェンからコメントが到着。あわせて場面写真3枚が公開された。

ケン・ローチが監督を務めた本作は、フランチャイズの宅配ドライバーとして働き出すリッキーとその家族を描く物語。ヒッチェンは配管工として20年以上働いたのち、40歳を過ぎてから演技の道へ進んだ。「この映画を観るたびに、泣いてしまう。なぜなら映画の中の男は、ケン・ローチ監督と出会って輝くチャンスをもらう前の僕そのものだから。相手を思うこと、お互いを愛すること。映画が伝えたいメッセージを、日本の皆さんが受け取ってくれることを願っている。私たちに与えられた命は1つだけで、それは誰もが同じ。世界のどこにいようとも、できることをしていこう! イギリスから、愛とキスを」と日本の観客にメッセージを送っている。場面写真には、リッキーが上司のマロニーから集配所のスキャナーを渡される様子や、娘のライザとともに配送する姿が収められた。

(c)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2019

映画ナタリーをフォロー