マイケル・B・ジョーダンが司法の闇と闘う主演作公開、ブリー・ラーソンも出演

65

「クリード」シリーズや「ブラックパンサー」のキルモンガー役で知られるマイケル・B・ジョーダンの主演作「Just Mercy」が、「黒い司法 0%からの奇跡」の邦題で公開決定。あわせて本予告がYouTubeで公開された。

「黒い司法 0%からの奇跡」

「黒い司法 0%からの奇跡」

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、アメリカの弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を映画化したもの。黒人への差別が根強い1980年代のアラバマ州を舞台に、冤罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士のブライアンが無罪を勝ち取るべく立ち上がるさまを描く。ジョーダンがブライアン、「Ray(レイ)」のジェイミー・フォックスがウォルターを演じたほか、「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソンがブライアンとともに法律事務所で働くエヴァに扮した。監督は「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン

予告編には、ウォルターに「お前は何もわかっていない。黒人は生まれながらに有罪なんだ」と言われながらも、彼の容疑を晴らすために奮闘するブライアンの姿が。終盤にはブライアンが法廷で「人種は違っても、命に色の差はない」と主張する様子が映し出されている。

「黒い司法 0%からの奇跡」は2020年2月28日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.