原一男が新レーベル・風狂映画舎を設立、第1弾作品は「れいわ一揆」

403

映画監督の原一男が、新たなレーベル・風狂映画舎を設立することがわかった。

「れいわ一揆」

「れいわ一揆」

大きなサイズで見る(全3件)

これまで原は、妻でありプロデューサーの小林佐智子とともに「ゆきゆきて、神軍」といった作品を疾走プロダクションより発表してきた。同レーベルでは2人の作家性を長期にわたって練り上げた作品を世に送り出してきたが、風狂映画舎では日本の“今”をいち早く世に問う作品に取り組むことをモットーとする。その記念すべき第1弾作品が、原の新作ドキュメンタリー「れいわ一揆」だ。今後、原は2つのレーベルから新作を作り出していく。

「れいわ一揆」ポスタービジュアル

「れいわ一揆」ポスタービジュアル[拡大]

本情報は11月2日24時から「れいわ一揆」が第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映された際に明らかになったもの。同作では令和元年の夏、参議院選で注目された“れいわ新選組”の選挙戦に密着している。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

原一男のほかの記事

リンク

関連商品

(c)風狂映画舎

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 れいわ一揆 / 原一男 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。