「AKIRA」佐々木望が岩田光央と80年代振り返る「2000年を超える概念がなかった」

517

アニメ映画「AKIRA」が本日11月1日に第32回東京国際映画祭で上映され、東京・EX THEATER ROPPONGIで行われたトークショーに金田役の岩田光央と鉄雄役の佐々木望が参加した。

「AKIRA」上映会の様子。左から岩田光央、佐々木望。

「AKIRA」上映会の様子。左から岩田光央、佐々木望。

大きなサイズで見る(全6件)

「AKIRA」ビジュアル (c)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

「AKIRA」ビジュアル (c)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会[拡大]

大友克洋のマンガを原作とする1988年公開作「AKIRA」。本映画祭ではジャパニーズ・アニメーション部門に選出された。岩田と佐々木が「AKIRA」のイベントに2人で登壇するのは、公開当時以来約30年ぶりだという。佐々木が「『AKIRA』で岩田さんとステージに登壇できるっていうのは貴重な機会。この令和の時代に感動しています」と興奮気味に話すと、岩田は「平成何やってたんだっていう話ですよね」と笑った。

岩田光央

岩田光央[拡大]

本作では2019年が舞台となっており、2020年に東京オリンピックを控えているという設定も。岩田は「(オリンピックの開催地が)東京に決まったとき、ネット上がざわついたんです。『大友さん予言者か!』みたいな。これはおいしくなりそうだなと思いました(笑)」と素直に述べる。佐々木は「当時はすごく未来のストーリーだと思っていたので、追いついて追い越すなんて思ってもいなかったです。1999年で終わりだとなんとなく思っていて、2000年を超えるっていう概念さえなかった」と述べ、会場に笑いを起こした。

佐々木望

佐々木望[拡大]

制作当時「これはすごいプロジェクトだ」という意識があったかどうかを聞かれた2人。岩田は当時から大友のファンであり、「AKIRA」が連載されていたヤングマガジンを読んでいたことに触れ「まさか自分が金田役で出られるなんてという単純な喜びのほうが強かった。世界的なムーブメントを起こすというところまでは思考が及ばなかったです」と振り返った。一方、佐々木は「目の前のセリフを読むので一杯いっぱいで。『AKIRA』っていう巨大な箱の大きさをわからないで仕事をしていました」と回想。収録を進めていくうちに「AKIRA」を制作していることが業界内で話題になっていったと言い、「先輩方に『お前、AKIRA出てるんだって?』『いつできるの?』って聞かれることもあって。でも自分の作業に集中していたので、結局箱の大きさはわからないまま夢中で収録していました」と語った。

左から岩田光央、佐々木望。

左から岩田光央、佐々木望。[拡大]

最後に岩田と佐々木が役のセリフを披露することになると、場内には歓声が響き渡る。佐々木が「これからは俺がお前を助けてやる。そんときは言いな、カネちゃんよお」、岩田が「さんを付けろよデコ助野郎!」と言い放つと、大きな拍手が沸き起こった。

この記事の画像(全6件)

関連記事

岩田光央のほかの記事

リンク

関連商品