映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

濱田岳×水川あさみ「喜劇 愛妻物語」に夏帆、大久保佳代子、ふせえり、光石研が出演

126

「百円の恋」の脚本家・足立紳が監督を務めた「喜劇 愛妻物語」の新たなキャストが発表された。

濱田岳水川あさみが夫婦を演じる本作では、うだつのあがらない脚本家の夫と、彼を罵倒し続けながら家計を支える妻が描かれる。脚本家・豪太とその妻チカは倦怠期の夫婦で、娘のアキと3人暮らし。ある日、豪太のもとに“ものすごい速さでうどんを打つ女子高生”の話を脚本にしないかという話が舞い込む。彼はこの企画を実現させ、あわよくば夫婦仲を取り戻すために香川への家族旅行を提案する。濱田が豪太、水川がチカ、新津ちせがアキを演じた。

このたび発表されたキャストは4名。豪太とチカの共通の友人である由美を夏帆、豪太が働いていたスーパーマーケットの同僚・吾妻を大久保佳代子が演じる。“ものすごい速さでうどんを打つ女子高生”の母親に扮するのはふせえり。その夫役で光石研が出演する。

「喜劇 愛妻物語」は2020年に全国で公開。なお今作は10月28日から11月5日に開催される第32回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されている。

(c)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

映画ナタリーをフォロー