映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

チベット人監督ソンタルジャ、聖地ラサを目指す家族描く「巡礼の約束」公開

26

「草原の河」で知られるチベット人監督ソンタルジャがメガホンを取った「巡礼の約束」が、2020年2月8日より東京・岩波ホールほか全国で順次公開される。

本作は、チベット仏教の聖地ラサへの巡礼を軸に家族の約束を描く物語。ある日突然、ラサへ巡礼の旅へ出ると妻に告げられた夫は、彼女を追って旅に出る。そこに妻と前夫の間に生まれた息子も合流し、3人でラサを目指すことに。しかし妻にはある秘密があった。

ヨンジョンジャ、ニマソンソン、スィチョクジャがキャストに名を連ね、ソンタルジャとタシダワが共同で脚本を執筆。2018年上海国際映画祭では、審査員大賞と最優秀脚本賞を受賞している。

映画ナタリーをフォロー