映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

YouTubeドラマ「主人公」新写真到着、小野寺晃良「悩みを持ってる人に伝えたい」

1234

「主人公」第3話より、小野寺晃良演じる濱口大介。

「主人公」第3話より、小野寺晃良演じる濱口大介。

神尾楓珠が主演を務めるYouTubeドラマ「主人公」より、第3話の場面写真と小野寺晃良のコメントが到着した。

本日9月16日に第3話が公開された「主人公」は、映像制作団体・INDIEZによるYouTubeドラマ第2弾。高い共感能力を持つ“エンパス”である大学生が、仲間たちとさまざまな悩みを共有しながら成長する姿が描かれる。主人公・原純太を神尾が演じた。

小野寺が演じたのは、純太の親友であり、同性愛者であることを隠している濱口大介。マッチングアプリをきっかけに、ゼミ仲間の池田勇次郎も同性愛者であることを知り、彼に惹かれていくという役どころだ。このたび到着した場面写真には、上原実矩演じる大平春菜に大介が悩みを打ち明けるシーンなどが収められた。

大介という役について、小野寺は「自分は複雑なキャラクターだとは考えていない」と説明。「人に言いづらい事、自分の中で受け入れられない事、自分の嫌いな事でも誰かに理解して欲しい、受け入れて欲しい。そんな矛盾だったり、葛藤って誰しもが持っているんだと思います。同性愛者も何も特別なわけではないと思っていて、同性愛に苦しむ人もそうでない抽象的な悩みを持ってる人にも何かこの作品を通して伝えたいなぁと思いました」と同役を務めた心境を明かす。演じるうえで意識したことに関しては「かなりヘビーなシーンが多いのでそうでないシーンのテンポ感などは頭に入れて、監督とテンポ感をあげようという話をしました」と振り返った。

神尾とは、ドラマ「都立水商!~令和~」など過去3作品でも共演してきた小野寺。今回の出演については「主演が楓珠くんという情報を聞いて『やりたい』と思いました(笑)」と述べ、撮影後に食事に行くなど、プライベートでも神尾と交流があることを明かした。また小野寺は、第1話で勇次郎役の長谷川慎(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)とのキスシーンにも挑戦。長谷川との共演に関して小野寺は「第一印象は直向きに作品に向かっている、真面目な人なんだなぁと思いました。それは時間を重ねても変わることはなく、撮影中もとても真摯に役に向かっていてその姿勢は美しかったです」とコメントした。

そして小野寺は、視聴者に向けて「就活という強制的に自分と向き合わざるを得ない時期に様々なカタチの悩みを持つ人が苦悩し、思考し、決断し、新たな一歩を踏み出す、その大切さが素直に描かれています。この作品が、皆さんが壁にぶつかった時に支えになる事を心から祈っています」とメッセージを送った。

全6話のドラマ「主人公」は、YouTubeにて公開中。毎週月曜18時に最新話が配信される。

映画ナタリーをフォロー