映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

PFFアワード2019最終審査員に斎藤工、白石和彌、山下敦弘ら

318

PFFアワード2019の最終審査員。上段左から時計回りに斎藤工、白石和彌、西川朝子、山下敦弘、野村佐紀子。

PFFアワード2019の最終審査員。上段左から時計回りに斎藤工、白石和彌、西川朝子、山下敦弘、野村佐紀子。

第41回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)のコンペティション部門であるPFFアワード2019。同賞の最終審査員に俳優の斎藤工、映画監督の白石和彌らが名を連ねていることがわかった。

若手監督の登竜門として知られ、現在の日本映画界で活躍する数多くの人材を輩出してきたPFFアワード。2019年は、495本の応募作品から18本が入選を果たした。21歳から39歳までの新人監督が名を連ね、作品の上映時間は最短で7分、最長で113分となっている。

映画監督の山下敦弘が最終審査員を務めることは既報の通り。今回斎藤と白石のほか、「永い言い訳」「夜明け」「チア男子!!」などを手がけてきた映画プロデューサーの西川朝子、写真家として知られ現在公開中の「火口のふたり」にも参加した野村佐紀子が名を連ねた。

第41回PFFは9月7日から21日まで東京・国立映画アーカイブで開催。PFFアワード2019の各賞は9月20日の表彰式で発表される。なお映画祭の初日から、動画配信サイト・青山シアターではPFFアワード2019の入選作品が配信される。

第41回ぴあフィルムフェスティバル

2019年9月7日(土)~21日(土)東京都 国立映画アーカイブ
※月曜休館

PFFアワード2019入選作品

城真也「アボカドの固さ」
山口優衣「雨のやむとき」
末松暢茂「OLD DAYS」
中尾広道「おばけ」
佐藤奏太「温泉旅行記(霧島・黒川・嬉野)」
清水啓吾「きえてたまるか」
キヤマミズキ「くじらの湯」
金子由里奈「散歩する植物」
逵真平「自転車は秋の底」
草場尚也「スーパーミキンコリニスタ」
田村将章「そんなこと考えるの馬鹿」
橋本根大「東京少女」
しばたたかひろ「何度でも忘れよう」
加藤紗希「泥濘む」
今村瑛一「ビューティフル、グッバイ」
桑山篤「フォルナーリャの聖泉」
道岡円香「めぐみ」
小林瑛美「ワンダラー」

映画ナタリーをフォロー