チャールズ・マンソンと信者たちに迫る「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」公開

119

シャロン・テイト殺害事件をテーマにした「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」が、9月6日に東京・UPLINK吉祥寺で公開される。

「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」

「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」

大きなサイズで見る(全18件)

「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」海外版ポスター

「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」海外版ポスター[拡大]

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」でも上映された本作は、1969年8月9日にテイトを殺害した女たちに焦点を当てた作品。彼女らはチャールズ・マンソン率いるカルト集団のメンバーだった。劇中では実行犯たちがどのようにマンソンと出会って事件を起こし、逮捕・収監されたのかが描かれる。原作はエド・サンダースによる上下巻「ファミリー──シャロン・テート殺人事件」。「アメリカン・サイコ」のメアリー・ハロンが監督、グィネヴィア・ターナーが脚本を担当した。

「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」

「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」[拡大]

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のハンナ・マリーのほか、ソシー・ベーコンマリアンヌ・レンドンが出演。マンソンに「ドクター・フー」のマット・スミスが扮し、マンソンを音楽業界に紹介してしまうデニス・ウィルソン(ザ・ビーチ・ボーイズ)をジェイムズ・トレヴェナ・ブラウン、音楽プロデューサーのテリー・メルチャーをブライアン・エイドリアンが演じた。

※「チャーリー・セズ / マンソンの女たち」はR15+指定作品

この記事の画像(全18件)

関連記事

ハンナ・マリーのほかの記事

関連商品

(c)2018 SQUEAKY FILMS, LLC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 チャーリー・セズ / マンソンの女たち / ハンナ・マリー / ソシー・ベーコン / マリアンヌ・レンドン / マット・スミス / メアリー・ハロン / グィネヴィア・ターナー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。