「ロケットマン」タロン・エジャトンの「クロコダイル・ロック」熱唱シーン公開

252

ロケットマン」より、主人公のエルトン・ジョンが「クロコダイル・ロック」を歌うミュージカルシーンがYouTubeで公開された。

「ロケットマン」

「ロケットマン」

大きなサイズで見る(全13件)

「ロケットマン」

「ロケットマン」[拡大]

エルトン・ジョンの波乱の半生をミュージカルタッチで描く本作。今回解禁となったのは、タロン・エジャトン演じるジョンが故郷イギリスを飛び出し、米ロサンゼルスの伝説的なライブハウス“トルバドール”で「クロコダイル・ロック」を熱唱するシーンだ。ジェイミー・ベル扮する作詞担当の親友バーニー・トーピンが見守る中、ジョンが静かに歌い出し、アップテンポへと変化していく曲調に合わせて観客も一体となって盛り上がっていく。

「ロケットマン」

「ロケットマン」[拡大]

5カ月にわたる歌とピアノの練習を経て撮影に臨んだエジャトン。「この映画で誇りに思っているシーンの1つは、トルバドールでのエルトンの見事なパフォーマンスだ。彼は23歳で、トルバドールでの素晴らしい夜のパフォーマンスが、彼を世界的なアーティストへと導いた」と熱弁する。

「ロケットマン」メイキングカット

「ロケットマン」メイキングカット[拡大]

ジョンの夫で本作のプロデュースを手がけたデヴィッド・ファーニッシュは「『クロコダイル・ロック』はエルトンの曲のなかでも観客が盛り上がるナンバーだから、このシーンで歌うのは必然のように思えた」と楽曲について説明。「エルトンはピアノのそばで足を蹴り上げたり、鍵盤の上で逆立ちをしたりすることで知られていた。僕たちもそれを採用して、スターへと上り詰めていくことのメタファーとして使ったんだ。これは普通のライブではなく、ものすごく特別な瞬間で、その場にいる全員が、この世のものとは思えないようなすごいことが起きていると感じていることがわかる。この曲は、こうしたすべてを見事に表現している」と、同シーンが映画にとっていかに大切かを伝えた。

「ボヘミアン・ラプソディ」のデクスター・フレッチャーが監督を務めた「ロケットマン」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全13件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

タロン・エジャトンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ロケットマン / タロン・エジャトン / ジェイミー・ベル / デクスター・フレッチャー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。