映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「HiGH&LOW」村山VS轟のタイマンは“100手”、中務裕太が「雨宮兄弟は神」

3380

前列左から前田公輝、山田裕貴。

前列左から前田公輝、山田裕貴。

HiGH&LOW THE WORST」の最速プレミアが、本日8月19日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、キャストの川村壱馬志尊淳山田裕貴前田公輝吉野北人ら15名と、監督の久保茂昭が登壇した。

EXILE HIROがプロデュースする「HiGH&LOW」シリーズと、高橋ヒロシによるマンガ「クローズ」「WORST」がコラボした本作。過去シリーズから引き続きメガホンを取った久保は「今まで鬼邪高を背負ってきてくれた、山田裕貴くん演じる村山を素敵に描くことができたと思う。それに対する(前田演じる)轟もめちゃくちゃきれいで素晴らしいし、新しく入った(花岡楓士雄役の)壱馬、(高城司役の)北人も男らしく仕上がっています。そして鬼邪高に対抗する鳳仙の上田佐智雄役として、今まで見たことのない志尊くんが出てくると思います」と自信をのぞかせた。

楓士雄役の川村は、役作りの苦労を「楓士雄はバカで明るくて、仲間を大事にして熱くなれるキャラ。自分にないところがたくさんあったので、振り切って演じなければと思いました」と振り返る。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルとしても活動している川村は「アーティスト業と役者業ではスタイルを変えていて、片手間ではなくどちらも120%でやっているつもりです」と真摯に語り、「高橋先生とお食事した中で、『楓士雄はクローズの坊屋春道から女好き要素を抜いた感じなんだよね』と何気ないアドバイスをいただいたことが心に残っていました」と役作りの軸を説明した。

鬼邪高全日制の司役の吉野は「司はクールで冷静で、周りが見えているキャラクター。ドラマでは周りが見えすぎて葛藤しちゃうんですけど、堂々と見えるように、と意識しました」と振り返る。同じく全日制の中越役・神尾楓珠が「神尾楓珠だということがバレないくらいになったらいいなと思って演じていたのですが、このタイミングでまあまあ売れちゃったんですよね(笑)」とジョークを飛ばすと、山田は「すごいな!? そういうキャラだったの!?」と爆笑。全日メンバーで食事に行ったという前田も「どうしちゃったんだよ……ごはん食べたときはこんなキャラじゃなかったのにな。あんま寝てないのかな? 役を経て新しい楓珠が生まれたってことですね」と笑っていた。

そんな前田は、轟と村山のタイマンシーンを回想し「人生で一番多い、100手くらいあるアクションでした。でもすごくやりがいがあったし、裕貴くんが村山をずっと作ってくれていたので、僕はそれに寄り添わせていただきました。360度カメラで撮っていて、画面いっぱいにアクションが広がるので、楽しんでいただけるはず」とコメント。辻役の鈴木昂秀とともに同シーンに参加した芝マン役のは「轟さんと一緒に戦っている気持ちでいたので、現場のピリピリ感で自分も疲れてしまって……」とマイペースに話した。

楓士雄の幼なじみで、“希望ヶ丘団地”出身である桐原誠司役の白洲迅は「ネタバレになるんですが、誠司は喧嘩をしません。その分、誰よりも仲間思いである部分を、言葉や表情で表現しようと演じました」と説明。同じく幼なじみである尾々地正也役の小森隼は、兄・真也役の中務裕太とともに本作で俳優デビューしたことから「久保監督とリハや演技レッスンを何度もやって『今日も怒られたね、明日もきっと怒られるんだろうね……』って(中務と)2人で毎日話していて。クランクインしたときは周りが全員敵なんじゃないかと思うほどナイーブな状態だったんですが、迅くんたちに助けていただきました」と振り返った。

そして中務は「『HiGH&LOW』の世界で雨宮兄弟に続く兄弟がオロチ兄弟。まさかそれを演じさせてもらえるとは」と感激しつつ、「(雨宮兄弟とは)差を出したいと思った」とこだわりを語る。「雨宮兄弟はスタイリッシュで、あれはもう“神”。オロチ兄弟は……“石”」と持論を展開して笑いを起こし、「守りたいものを守るときは男らしくなるけど、どこかコミカルで抜けている感じを出したかった」と解説した。

鳳仙の頭・上田佐智雄役の志尊は、「クローズ」「WORST」のファンだったことから「僕が小中学生のときに胸を打たれた『なんのために、何を背負って喧嘩しているのか』ということを、チーム一丸となって発信できればいいなと思いました」と語る。さらに「どうやって佐智雄を立たせようかと、チームのみんなが考えてくれた。鳳仙は“一枚岩”の高校なので、そういう意味でもみんなで作り上げてくれたんです」と鳳仙メンバーの葵揚小柳心荒井敦史らに感謝を述べた。

シリーズ初期から村山を演じてきた山田。舞台挨拶の最後に、本作で“世代交代”が描かれることに触れ「ラストのあたりで、思いを“文字”に込めました。村山の思いでもあり、僕の思いでもあり、ハイローを愛し、鬼邪高を愛してくださった皆様への感謝を込めたので、一瞬ですが目を凝らしていただけたら」とファンに訴えかけた。

「HiGH&LOW THE WORST」は、10月4日より全国ロードショー。また映画の前日譚を描くドラマ「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O」が、毎週水曜深夜に日本テレビで放送中。

※高橋ヒロシの高は、はしごたかが正式表記

(c)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 (c)高橋ヒロシ(秋田書店)HI-AX

映画ナタリーをフォロー