映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新田真剣佑×北村匠海W主演作のヒロインは久保田紗友、ピアノに初挑戦

185

新田真剣佑北村匠海DISH//)のダブル主演作「サヨナラまでの30分」。ドラマ「過保護のカホコ」「この世界の片隅に」などに出演した久保田紗友が、同作でヒロインの村瀬カナ役を務めることがわかった。

新田が1年前に死んだミュージシャン・宮田アキ、北村が人と関わることが苦手な大学生・窪田颯太を演じた本作。颯太が拾ったあるカセットテープが再生される30分間のみ、彼の体の中身は死んだはずのアキになる。そしてアキが、颯太の体を借りて恋人やバンド仲間に会いに行くさまが描かれる。新田と北村のほかには葉山奨之、上杉柊平、清原翔がアキのバンド仲間役で出演した。

久保田扮するカナは、アキのバンドでピアノ担当をしており、彼の恋人でもあった女性。アキの死後は音楽を辞めて普通の大学生活を送っていたが、颯太の体を借りたアキがバンドの再結成をもくろんで接近したことで、彼女は颯太とも関わりを持つようになっていく。

ピアノ初挑戦となる久保田は、本作へ出演するにあたって猛特訓を重ねたそうで、「ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました」と語る。そんな彼女に、監督の萩原健太郎は「芝居に対しての勘の良さはもちろんのこと、自らを解放しどんどん自由に、いきいきと変化していく姿に驚きました」と賛辞を贈った。

「サヨナラまでの30分」は、2020年1月に全国ロードショー。

久保田紗友 コメント

村瀬カナ役を務めさせて頂くことになりました久保田紗友です。
撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました。
カナは真っ直ぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました。
観て下さる皆さんの心にも残る作品になると思いますので、是非たくさんの方に届いて欲しいです。

萩原健太郎 コメント

ヒロイン役のオーディションは、数ヶ月の間で数回に分けて行われたのですが、久保田さんとはその最後に会いました。負けず嫌いな性格が強く出た、まるでこちらを拒否しているような眼差しがカナというヒロイン像と重なりました。撮影が進んでいくにつれ、芝居に対しての勘の良さはもちろんのこと、自らを解放しどんどん自由に、いきいきと変化していく姿に驚きました。久保田さんのお陰でカナという役が想像していたよりも何倍も魅力的なキャラクターになったと思います。

井手陽子(プロデューサー)コメント

何色にも染まっていないフレッシュなヒロインを求めて行ったオーディションで、久保田紗友さんと出会いました。その凛とした姿からは、言葉を発せずとも、熱い情熱を感じ、その眼差しは、鋭くも、温かくもあり、様々な想いを抱えて生きる“カナ”というキャラクターそのものだと感じました。撮影では、ふとした表情や、仕草に、何度も心震わされました。この出会いがあったからこそ、“カナ”というキャラクターは、飛躍し、成長できたと思っています。物語に新たな一面をもたらしてくれたこの出会いは、今思えば必然としか思えません。

(c)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

映画ナタリーをフォロー