映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

モトーラ世理奈が台湾を旅する「恋恋豆花」、2020年2月に公開決定

409

「恋恋豆花」

「恋恋豆花」

モトーラ世理奈の主演作「恋恋豆花(れんれんどうふぁ)」が、2020年2月に公開される。

「アイコ十六歳」「ライカ」の今関あきよしが監督した本作は、台湾を舞台としたヒューマンドラマ。恋愛も人間関係もつまらなくなり大学中退を考えている主人公・奈央が、父の3度目の結婚相手である女性・綾とともに台湾旅行へ出るさまを描く。モトーラが奈央、「ヘヴンズ ストーリー」「朱花の月」の大島葉子が綾を演じ、利重剛椎名鯛造も出演した。

公開日決定にあたり今関からコメントが到着。「僕は台湾で変わった。映画への取り組み方が変わった」という今関は、「本当に苦楽を共にして、僕らは映画を作った。正にリアルなロードムービーなのだ」と撮影を振り返っている。

「恋恋豆花」は、東京・K's cinemaほか全国で順次公開。

今関あきよし コメント

僕は台湾で変わった。
映画への取り組み方が変わった。
今作は変に肩に力を入れず、呼吸をするように撮影した。

モトーラ世理奈、大島葉子の二人が台湾を旅する。
台湾の街を歩いて、食べて、出会い、笑って、また歩く。
キャストの二人と共に撮影隊も一緒に旅しながら撮影する。
だから撮影用のロケバスなんて無い。
撮影時の食事はスタッフみんなでシェアして残さず食べた。
撮影した宿はキャストもスタッフも泊まった。
本当に苦楽を共にして、僕らは映画を作った。
正にリアルなロードムービーなのだ。

映画を見た人みんなが幸せになれるような映画にしよう!
そんな思いでスタッフキャスト一丸となってこの映画を作りました。
そして、公開のスケジュールが見えてきた。
「さあ、みんな幸せにな~れ!」

(c)2019「恋恋豆花」製作委員会

映画ナタリーをフォロー