映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「枝葉のこと」二ノ宮隆太郎の新作「お嬢ちゃん」公開決定、主演は萩原みのり

347

「お嬢ちゃん」

「お嬢ちゃん」

「ハローグッバイ」の萩原みのりが主演、「枝葉のこと」の二ノ宮隆太郎が監督を務めた「お嬢ちゃん」が、9月28日より東京・K's cinemaほか全国で順次公開される。

「カメラを止めるな!」で注目を集めたENBUゼミナールシネマプロジェクトの第8弾として製作された本作。主人公は神奈川・鎌倉の小さな甘味処でアルバイトをしている21歳のみのりだ。常に苛立ちを隠さない彼女の、一見普通に見えて、どこか違う生き方が映し出される。このたび公開されたポスターには「どいつも、こいつも、くだらない」というコピーが添えられた。

本作で初めて女性を主人公にした映画を撮り上げた二ノ宮は、その理由を「女優、萩原みのりの魅力を映画で表現したかったからです。自分が監督するしか作れない映画は作れたと思っています」とコメント。みのり役の萩原は「この作品は私の、役者を続ける、役者で生きていく、という決意の作品でもあります。撮影から一年が経ち、やっと皆様にお届けできるということで、とてもドキドキしています。沢山の人の心に届くような作品ではないかもしれません。ですが、しっかりと、劇場で見届けてもられると嬉しいです」と語っている。

萩原みのり コメント

二ノ宮監督からこの作品で主演をやってほしいと声をかけていただいたときの私は、いろんな薄っぺらさに嫌気がさして、周りのことも自分のことも大嫌いで、役者を辞めることばかり考えていました。
この作品は私の、役者を続ける、役者で生きていく、という決意の作品でもあります。撮影から一年が経ち、やっと皆様にお届けできるということで、とてもドキドキしています。沢山の人の心に届くような作品ではないかもしれません。ですが、しっかりと、劇場で見届けてもられると嬉しいです。

二ノ宮隆太郎 コメント

監督しました二ノ宮隆太郎と申します。上映時間、130分間の大半はくだらないかもしれません。
ですが絶対にくだらなくない、一人の若い女性の人生への思いは映っていると思います。初めて女性を主人公にした作品を作りました。女優、萩原みのりの魅力を映画で表現したかったからです。
自分が監督するしか作れない映画は作れたと思っています。
ぜひ観ていただけたら幸いです。

(c)ENBUゼミナール

映画ナタリーをフォロー