映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

上田慎一郎ら3監督、「イソップの思うツボ」企画中は「長い夏休みのようだった」

148

「イソップの思うツボ」舞台挨拶の様子。

「イソップの思うツボ」舞台挨拶の様子。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019が本日7月13日に埼玉・SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザで開幕。オープニング作品として「イソップの思うツボ」が上映され、舞台挨拶にキャストの石川瑠華井桁弘恵紅甘斉藤陽一郎佐伯日菜子、監督の浅沼直也上田慎一郎中泉裕矢が登壇した。

本作は、亀だけが友達の内気な女子大生・亀田美羽、タレント一家に生まれた恋愛体質の兎草早織、復讐代行屋を父と営む戌井小柚という3人の女子が織りなす物語。上田とともに「カメラを止めるな!」で助監督とスピンオフ版の監督を務めた中泉、スチールを担当した浅沼が3人でメガホンを取った。浅沼は「2012年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で初めて出会って、そこから3人でいろいろな企画をやりながら、今やマブダチ」と3人の関係を明かす。

2016年から企画が始動するも、2年以上内容が固まらなかったという本作。浅沼が「その2年間は自分たちの作品や好きな作品をお互いに見せ合って、お互いを理解するような感じ。でも僕にとっては長い夏休みのようだった」と懐かしむと、上田は「結局、締め切りが来てしまって企画を固めたような感じ。夏休み最終日に宿題を一気に仕上げたようなもの」と続けた。

3人の監督による演出に戸惑いつつも「いろいろなアイデアが出るという利点もあった」と振り返った井桁。石川も「ラストは3人の監督の熱量が上がって、それがぴったりと合わさる瞬間があった」と新鮮な面持ちで語る。また、中泉は紅甘の独特なオーラを「しゃべると個性的でワードセンスもある。魅力的だし、映像の方がよりかわいい!」と称賛。続く上田は、石川について「一見キャピキャピ無邪気な少女だけれど、いろいろな表情を見せるし、何を考えているかわからない色気もある。そこに惹かれました」と、浅沼は井桁について「太陽です! 太陽は自分の明るさに無自覚。それくらいの明るい感じがある」とそれぞれ魅力を述べた。

最後に上田は「3人の共同監督で1本の長編映画を作るのは世界的に見ても例のないこと。周りの大人からは『うまくいかない』と言われたけれど、無理だと言われれば言われるほどチャレンジしたくなった」と述懐。さらに「撮影中にも『この映画を作れてよかった』と思う瞬間が何度もあって、そう思えたのがうれしかった。内容はエンタメですが、序盤からいろいろな仕掛けがあるので、前のめりになって楽しんで観てほしい」とアピールした。

「イソップの思うツボ」は8月16日より全国ロードショー。なお、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019は7月21日まで開催される。

(c)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

映画ナタリーをフォロー