映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小栗旬が危うい色男に「人間失格 太宰治と3人の女たち」予告、主題歌はスカパラ

1366

小栗旬が主演、蜷川実花が監督を務めた「人間失格 太宰治と3人の女たち」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせて主題歌が東京スカパラダイスオーケストラの楽曲「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」であることが発表された。

本作では太宰治による小説「人間失格」の誕生秘話が、彼を愛した3人の女性の視点から虚実交えて描かれる。予告には、小栗演じる太宰の危うい色男ぶりを収録。宮沢りえ演じる正妻・津島美知子、沢尻エリカ演じる作家志望の愛人・太田静子、二階堂ふみ演じる若き未亡人・山崎富栄とのスキャンダラスな関係性を垣間見ることができる。また執筆に苦悩し次第に狂気を帯びていく太宰の「全部ぶっ壊して書く。人間失格」「恐るべき神になった気分だ」といったセリフも。

「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」は2001年にリリースされた楽曲。映画の構想初期からこの曲をイメージしていた蜷川の熱烈なオファーによって、このたび主題歌に決定した。

なお本日6月19日は、太宰をしのぶ「桜桃忌」として知られている。太宰が東京・玉川上水に入水自殺したのは1948年6月13日だが、遺体が上がったのは6日後の19日。この日が彼の誕生日でもあったことから、同郷で親交の深かった作家・今官一が短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」は9月13日より全国ロードショー。成田凌千葉雄大瀬戸康史高良健吾藤原竜也もキャストに名を連ねている。

※「人間失格 太宰治と3人の女たち」はR15+指定作品

(c)2019『人間失格』製作委員会

映画ナタリーをフォロー