映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「海獣の子供」芦田愛菜に稲垣吾郎「限りない可能性感じる」、蒼井優の入籍も祝福

4785

「海獣の子供」初日舞台挨拶の様子。左から稲垣吾郎、浦上晟周、芦田愛菜、石橋陽彩、渡辺歩。

「海獣の子供」初日舞台挨拶の様子。左から稲垣吾郎、浦上晟周、芦田愛菜、石橋陽彩、渡辺歩。

海獣の子供」の初日舞台挨拶が本日6月7日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、キャストの芦田愛菜石橋陽彩浦上晟周稲垣吾郎、監督の渡辺歩が登壇した。

五十嵐大介のマンガを原作に、STUDIO4℃がアニメーション制作を手がけた本作。中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた兄弟・空と海に出会い冒険を繰り広げるさまが描かれる。琉花役の芦田は「今回、等身大の14歳の役を感じるままに演じました。1つひとつのシーンごとに、琉花というキャラクターに向き合い、こだわって演じさせていただくことができて、うれしく思っています」と挨拶。空役の浦上は「久石(譲)さんの音楽と、後半にかけての盛り上がりがすごいので注目していただけたら」とアピールし、海役の石橋は「学校の友達と一緒に観る約束をしました! 早く観に行きたいです」とはにかむ。

アフレコ時には芦田、石橋、浦上と会えなかったという、琉花の父・安海正明役の稲垣。「映画の中の3人に会えたみたいでうれしい」と笑顔を向けると、「どうですか僕?」と手を広げながら対面した感想を問い、笑いを誘う。また稲垣が「(自身に)役を寄せてくれたと聞きました。でも、あのお父さんは大変なことが起きてもずいぶん飄々としていますよね」と言及すると、渡辺が「そういうところも含めて、役のイメージと重なるなと思いキャスティングさせていただきました」とほほえみながら明かした。

「これ以上ないくらいぴったり」と芦田、石橋、浦上のキャスティングに自信をのぞかせる渡辺は、「ブースで声を聴いていると『なんてもろくはかないものを持っているんだろう』と胸を打たれました。明日は違うかもしれないという期待と不安を持ったこの瞬間を、映画に記録するしかないと」と述懐。石橋が「実は最近変声期を迎えて、やっと安定してきたときにアフレコをしたんです」と打ち明けると、稲垣は「変声期だって。いやいやいやすごいな」と感心したように述べ、「僕もデビューが14歳のときでしたけど、こんなにしっかりしてなかったな。はかなさもありますが、我々にはない強さや、限りない永遠の可能性も感じました」と3人を称賛した。

6月3日に南海キャンディーズの山里亮太と入籍したばかりの蒼井優と、劇中では夫婦を演じた稲垣。「蒼井さんとは映画の中で、疑似夫婦体験に酔いしれていました(笑)。山ちゃんのことは大好きなので、お似合いの2人だと思いますし、会見ではかっこいいなと思いました。末永く2人の幸せをお祈りします」と祝福し、「(映画を)観ていただきたいですね、山ちゃんにも」と期待を寄せた。

「海獣の子供」は全国で公開中。

(c)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

映画ナタリーをフォロー