映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「CINEMA FIGHTERS」AKIRA、できる後輩・佐藤大樹に「これからも優しくしよう」

561

左から別所哲也、AKIRA、佐藤大樹。

左から別所哲也、AKIRA、佐藤大樹。

「CINEMA FIGHTERS」第3弾オープニングスペシャルスクリーニングが、本日5月29日に東京・渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにて開催され、キャストのAKIRAEXILE / EXILE THE SECOND)と佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)が登壇した。

EXILE HIRO、別所哲也、作詞家・小竹正人の3人が打ち出した同企画は、小竹の詞の世界をショートフィルム化するプロジェクト。別所が代表を務めるショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2019の初日である本日は、第3弾の中から2作品が上映された。

「CINEMA FIGHTERS」には2度目の参加となるAKIRAは今回、Crystal Kayの同名楽曲を三池崇史が短編映画化した「Beautiful」に主演。三池の印象を聞かれたAKIRAは「どこかハードで厳しいんだろうなという印象があったのですが、いざご一緒するととても温かく、思いやりのある方でした。俳優に寄り添ってくれるような方だったので、だからこそ日本を代表する監督なのかなと思いました」と答える。アクションやバイオレンス作品の印象も強い三池が手がけた本作を「イメージとしては、三池監督と真逆」「自分の中では新しい表現ができたし、新しい三池崇史監督作品が生まれたんじゃないかと思う」と説明した。

そして佐藤は、井上博貴監督作「魔女に焦がれて」に出演。横井琉衣の楽曲「ライラック」をモチーフとした本作は、突然霊感が備わってしまい、クラスで疎外された高校3年生・雅人と、彼の初恋の相手・真莉愛の関係を描く青春ラブストーリーだ。LDH所属の先輩たちが出演してきた本プロジェクトに参加する喜びを、佐藤は「出演が決まった瞬間、本当にうれしくて、まず小竹さんにお礼のメールをしました」と振り返る。自ら演じた雅人という役については「自分は今まで明るい役が多かったんです。でも(今回は)こんなにも物静かでおとなしい役だったので、表情で見せないといけないなと思っていました。自分は、本当はしゃべりたいタイプなので難しかったです」と語った。

AKIRAは後輩・佐藤の出演作の感想を「大人世代も共感できるような普遍的なメッセージが心に入ってきました。幅広い年齢層の方に楽しんでいただけると思う」と述べる。このステージで司会を務めていた別所に「その年齢のときにしか演じられない役ってあるじゃないですか。僕ら、今『学ラン着ろ』って言われたらどうします?」と聞かれると、AKIRAは笑顔で「やりましょうよ!」と返した。

対する佐藤は、AKIRAの主演作について「今まで僕が観てきた『CINEMA FIGHTERS』の中で、一番(胸に)刺さってます!」と熱を込める。AKIRAが前回出演した「キモチラボの解法」にも触れ、佐藤は「前作も好きだったんですが、今回はAKIRAさんの絶妙な間合いや表情が(素晴らしい)……。観終わったあとはどこか切ないんですが、物語を2つ観た気分になれました。ものすごくお薦めです!」と先輩の顔を立てる。それを聞いたAKIRAは「後輩に優しくするといいことがあります(笑)。これからも大樹にたくさん優しくしていこうと思います!」と笑いを誘った。

最後にAKIRAは、今年で21年目を迎えたSSFF & ASIAに関わる喜びを語ったのち「『CINEMA FIGHTERS』としても、歴史を築いていけるようにしたい。ほかの作品も豪華なタッグで進んでいきますので、よろしくお願いいたします」と挨拶した。

なお彼らのほか、「Beautiful」には蓮佛美沙子、「魔女に焦がれて」には久保田紗友が出演。「CINEMA FIGHTERS」第3弾ではこの2作に加え、今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が俳優デビューを飾る松永大司監督作もラインナップしている。そのほかの参加者は後日発表予定だ。

映画ナタリーをフォロー