映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

前田敦子は“図抜けた資質を持つ俳優”、「旅セカ」監督・黒沢清が魅力を明かす

284

「旅のおわり世界のはじまり」メイキング写真

「旅のおわり世界のはじまり」メイキング写真

旅のおわり世界のはじまり」の監督・黒沢清が、主演を務めた前田敦子について語ったコメントが到着した。

“伝説の怪魚”を探すためウズベキスタンを訪れたテレビ番組のリポーター・葉子の成長を描く本作。同地で1カ月にわたるオールロケ撮影が行われ、前田のほかには染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフらが出演した。

ロシアで撮影された前田の主演作「Seventh Code」で、「彼女の非凡な個性は、日本ではない異国の土地でよりいっそう鮮烈に輝くに違いない」と感じたという黒沢。今回の作品では、脚本のプロット段階から主演に前田を想定していたそうで「若手俳優のなかでも文字通り図抜けた資質を持っている」と彼女を評する。また「誰とも交わることなく1人ぽつんとフレームに写っていても『確かにそこに人がいる』という感覚が画面を通じて強烈に伝わってくるんですね。その存在感はある種の孤独感にも近い気もしますが、決してネガティブなものではない。ある種のタフさも含んだ、”実存感”と言ってもいいかもしれません」とその魅力を明かした。

黒沢がオリジナル脚本を執筆した「旅のおわり世界のはじまり」は、6月14日より東京・テアトル新宿、ユーロスペースほか全国でロードショー。

(c)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

映画ナタリーをフォロー