映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「名探偵ピカチュウ」EXILE NAOTOらHONEST BOYZがエンディング曲担当

802

「名探偵ピカチュウ」

「名探偵ピカチュウ」

ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」のエンディングソングを、HONEST BOYZが担当しているとわかった。

ロブ・レターマンが監督した「名探偵ピカチュウ」は、人間とポケモンが共存する街ライムシティを舞台に、主人公ティムが名探偵ピカチュウとともに、ある事件に巻き込まれた父親を探すさまを描く作品。ジャスティス・スミスがティムを演じ、ライアン・レイノルズがピカチュウに声を当てた。

HONEST BOYZは、NAOTOEXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、VERBALm-flo)、SWAYDOBERMAN INFINITY)、MANDY(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)、NIGOからなるグループ。エンディングソングに使用される「ELECTRICITY featuring Lil Uzi Vert」は、グラミー賞11冠のアーティストであるファレル・ウィリアムスがプロデュースを手がけている。そしてラッパーのリル・ウージー・ヴァートも客演として参加した。

「名探偵ピカチュウ」のプロデューサーを務めるケイル・ボイターは「VERBALから今回のHONEST BOYZとファレルのコラボについて聞いたとき、映画とのつながりを即座に感じた。なぜなら彼らもまた、日本から世界へと乗り込んでいる才能あふれるフュージョングループで、私たちの映画にとっても、HONEST BOYZの持つワールドワイドなオーディエンスへリーチする素晴らしい取り組みになると思う」とコメント。なお彼らの楽曲は日本版だけでなく、欧米やアジア、アフリカなど世界各国で上映されるオリジナル版で使用されている。音源は海外のメジャーレーベルから配信される予定だ。

「名探偵ピカチュウ」は5月3日より日本先行ロードショー。

(c)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (c)2019 Pokemon

映画ナタリーをフォロー