映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

千葉雄大、かわいいポーズは「呼吸のごとくできる」写真集が本日発売

531

千葉雄大

千葉雄大

千葉雄大の写真集「彩り」の発売記念イベントが、本日4月13日に東京・福家書店 新宿サブナード店で行われた。

本書は、2018年に発売した「横顔」に続き2年連続となる写真集。この日のフォトセッションで、報道陣からかわいいポーズを多数リクエストされた千葉は「昨年も言っていただいたんですが、今回はさらに増えました(笑)。ありがたいですね。呼吸のごとくできるようになりました」とにっこり笑う。

米ニューヨークで撮影された本書について「日本とは違った雰囲気も出ていると思いますし、のびのび撮影できました」と振り返る千葉。「もともとミュージカルがすごく好きなので、ニューヨークに行きたいって言ったんです。今回は時間が合わなくて観に行けなかったんですが、プライベートで行きたいなと思える場所でした。英語も今年から勉強しているんです」と明かす。また次回の写真集で訪れたい場所は「アマゾン!」と即答すると「この売り上げにかかっているので、よろしくお願いします(笑)」と呼びかけた。

タイトルの「彩り」に込めた意味を問われると、「かわいいっておっしゃっていただけることも多いんですが、その中でもいろんな一面を表現できるようになりたいなと思って付けました」と回答。自身は何色か?という質問には「水色っぽいって言われることが多いです」としつつも、「天装戦隊ゴセイジャー」でゴセイレッド役だったことをツッコまれると「赤ですね!」と慌てて訂正した。

今年で30歳を迎えたことに対して、千葉は「代謝が落ちたりお酒が抜けにくくなったり、健康には気を付けていかなきゃなと」と現実的なコメント。目標を尋ねられると「まだやったことがない役に挑戦したり、現場でも年下の方が増えてきたので、もう少し志高くお仕事をしたいです」と答え、「僕をロールモデルにする若手俳優が現れるかはわからないですが、“ポスト千葉雄大”が登場したら正々堂々対決したいです」とお茶目に語った。

なお、千葉の出演作「決算!忠臣蔵」は2019年冬に、「スマホを落としただけなのに2(仮題)」は2020年に公開。

映画ナタリーをフォロー