映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「海獣の子供」公式アートブック発売決定、美術監督・木村真二のコメント到着

351

映画「海獣の子供」ARTBOOK表紙

映画「海獣の子供」ARTBOOK表紙

劇場アニメ「海獣の子供」の公式アートブックが、封切りと同じ6月7日に発売決定。あわせて美術監督・木村真二のコメントが到着した。

五十嵐大介による同名マンガを原作にした本作は、14歳の少女・琉花とジュゴンに育てられた兄弟のひと夏の出会いを描いた海洋ファンタジー。STUDIO4℃が制作し、「宇宙兄弟#0」の渡辺歩が監督を務めた。制作の軌跡を詰め込んだアートブックは全248ページ、装丁はハードカバーのB5判、横長となっている。

木村は、アートブックの発売を受け「素晴らしい原作ほどアニメーションにして意味があるのか? 完結している特別な世界を大勢のスタッフで作ることが望ましいのか? 最初の頃のそのような不安も監督の渡辺さん、キャラクターデザイン・総作画監督・演出の小西(賢一)さんと進めていくうちに、アニメーションでしかできない作り方で五十嵐さんの世界観を伝えられるのではと思うようになりました。なにげない日常から始まり、海、宇宙、無限と続く物語を背景美術からの視点でまとめてみました」とコメントした。

映画「海獣の子供」ARTBOOK

大誠社 2019年6月7日(金)発売
価格:税込3888円

(c)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

映画ナタリーをフォロー