映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

篠原涼子が「今日も嫌がらせ弁当」撮影地・八丈島の試写会にサプライズ登場

250

「今日も嫌がらせ弁当」八丈島特別試写会にて、左から塚本連平、篠原涼子、Kaori(ttkk)。

「今日も嫌がらせ弁当」八丈島特別試写会にて、左から塚本連平、篠原涼子、Kaori(ttkk)。

篠原涼子と芳根京子が共演する「今日も嫌がらせ弁当」の舞台・八丈島にある八丈町多目的ホール おじゃれで3月23日に特別試写会が行われ、監督の塚本連平、原作者のKaori(ttkk)が登壇。さらにサプライズゲストとして篠原が駆け付けた。

Kaori(ttkk)のエッセイをもとにした本作は、八丈島に住むシングルマザー・かおりが反抗期の娘・双葉に“仕返し弁当”を作り続けるさまを通じて母の愛情を描き出す物語。かおりを篠原、双葉を芳根が演じている。八丈島は主な撮影地にもなっており、試写会には島民約400人が招待された。

塚本は本作の最初の観客となった八丈島の人々に感謝を伝える。キャスティングについては「篠原さんの人間としての面白い部分と温かい部分がこの役にぴったりで、この役は篠原さん以外考えつかなかったです」と自信ありの様子。「娘役の芳根京子さんは感情の表現がとてもうまかったし、佐藤隆太さんは初めてご一緒しましたが、人柄が芝居に出ていて演技もとてもよかった」と語り、双葉の幼なじみを演じた佐藤寛太(劇団EXILE)については「あんな変な役を真面目にできる人はいない!」と俳優陣の魅力をたっぷりアピールした。

八丈島在住のKaori(ttkk)は胸いっぱいの様子で「自分の書いたものが映画になるなんて想像していなかった。すべてがびっくりで、娘たちからは『かおり役が篠原さんなんてありえない!』と言われました(笑)」と話す。たびたび撮影現場に足を運び、劇中に出てくる弁当作りを「勝手に手伝ったりしていました」とも明かした。

イベントが終盤に差し掛かると、サプライズゲストの篠原が登場。割れんばかりの拍手を浴び、篠原は「今日はありがとうございます! 八丈島は撮影でずいぶん満喫させていただきましたが、今回もおいしいお食事や島の名産のアシタバをたくさん食べました」と八丈島に帰ってきた喜びを語る。そして「この映画も本当にいい作品になっています。皆さんにぜひ観ていただきたいです!」とアピールした。

「今日も嫌がらせ弁当」は6月28日より全国ロードショー。

(c)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

映画ナタリーをフォロー