映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

篠原涼子がそっくりのキャラ弁に驚き、佐藤隆太は佐藤寛太と共演熱望の理由明かす

376

「今日も嫌がらせ弁当」完成披露イベントの様子。

「今日も嫌がらせ弁当」完成披露イベントの様子。

今日も嫌がらせ弁当」の完成披露イベントが、本日5月28日に東京・有楽町朝日ホールで開催され、キャストの篠原涼子芳根京子松井玲奈佐藤寛太劇団EXILE)、村上知子森三中)、佐藤隆太、監督の塚本連平が登壇した。

Kaori(ttkk)によるエッセイを映画化した本作は、八丈島に住むシングルマザー・かおりが反抗期の娘・双葉に作り続ける“仕返し弁当”を通して、母の愛情を描き出す物語。篠原がかおり、芳根が双葉、松井が双葉の姉・若葉を演じた。また、佐藤寛太が双葉の幼なじみ・山下達雄、村上がかおりの友人・浩実、佐藤隆太がかおりが運営するお弁当ブログの読者・岡野信介として出演している。

最初に挨拶した篠原は、「試写会で2回も観てしまって、それくらい面白い作品です。でも、あんまり言うと皆さんに期待されて『なんだよ……』ってなっちゃうとよくないから、ちょっとだけにしておきますけど……」と控えめに作品をアピールし、観客たちを笑わせた。芳根は事務所の先輩であり、6年ぶりに同じ作品に参加した篠原との共演について聞かれると、「緊張と嬉しさといろんな感情が爆発して、前日に体調が悪くなってぶっ倒れてしまったんです(笑)。前回のときはご一緒のシーンがあまりなかったので、まさか今回親子役をできるなんて夢のようで、本当に幸せでした」と思いの丈をぶつける。それに対し、篠原が「バトルする関係の役だったので、撮影中はあんまり話す機会がなかったんですけど、撮影後の打ち上げで隣に座ってた芳根ちゃんが『涼子さーん』って抱きついて泣いてくれたんだよね」と暴露すると、芳根は再び胸がいっぱいになった様子。また、本作の撮影に入る直前まで、ほかの作品内で芳根とオタクの同居人役として接していたという松井は「姉妹という距離感でうまくやれるだろうかって思ってたんですけど、それまでに過ごしてきたたくさんの時間があったので、友達に近いような仲のいい姉妹になれたかな」と撮影を振り返った。

佐藤隆太は、佐藤寛太との共演を楽しみにしていたと含みのある言い方で話し始める。「以前、Twitterだったかなんだかわからないんですけど、ある作品の予告か何かを観た人に『寛太くんじゃなくて、佐藤隆太さんが出るのか』って書かれていて。それがトラウマになったというか、怖いなって思ってたんです」と佐藤かぶりが引き起こした切ないエピソードを披露。「でも今回は一緒に出てますから、僕を寛太くんと勘違いしててもちゃんと出てる! だから今後はできるだけ共演していきたい」と笑顔で今後の展望を述べ、会場を沸かせた。一方の佐藤寛太も共演を切望していたと切り出し、「その頃小学6年生だったんですが、佐藤隆太さんが二子玉川で熱血教師やっているのをテレビで観てました!」と佐藤隆太が出演する作品のファンだったことを明かした。さらに、お弁当作りに話が及ぶと、自身も幼稚園に通う娘に弁当を作っているという村上は、「タコウインナーを作るときは足の部分を6等分にしていたんですけど、映画では足を斜めに切ってくるんとかわいい形になるよう作ってるんです。それをやってあげようと実践したら、『前のにしてくれ』って言われたので、せっかく教わったんですけど戻しました(笑)」と失敗談を語った。

最後には、サプライズゲストとしてキャラ弁当に扮したダンディ坂野が登場。実はこれはダンディ坂野への逆サプライズで、登壇を事前に知らされていたキャスト陣は薄いリアクションに。微妙な空気に慌てていたダンディ坂野だったが、種明かしをされると、「これ(キャストが)知っててなんの得になるわけ? 誰にもメリットがないやつだよ!」と悲痛なツッコミを入れて笑いを誘っていた。続いて、篠原に扮したざわちんが映画ポスターを再現したキャラ弁として現れると壇上は大盛り上がり。芳根は篠原とざわちんが並んだ姿を見て「2人の涼子さんと目が合いましたもん!」とはしゃぎ、「額の幅は変えてたりしないんですか?」と細かいところまでチェックする。メイク方法を聞かれたざわちんが「自然な平行眉にするため、薄めに描くこと。アイラインは目頭から目尻にかけて太くなるように描きます」と答えると、村上が「まねすれば誰でも篠原さんになれるってことですよね。次は私がそこに入ります」と宣言しイベントは幕を閉じた。

「今日も嫌がらせ弁当」は、6月28日に全国で公開。

(c)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

映画ナタリーをフォロー