映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

阿部純子が「ソローキンの見た桜」共演者からのサプライズに「スパシーバ!」

549

「ソローキンの見た桜」公開記念舞台挨拶の様子。左から斎藤工、阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ。

「ソローキンの見た桜」公開記念舞台挨拶の様子。左から斎藤工、阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ。

ソローキンの見た桜」の公開記念舞台挨拶が本日3月23日に東京の角川シネマ有楽町で行われ、キャストの阿部純子斎藤工イッセー尾形ロデオン・ガリュチェンコアレクサンドル・ドモガロフらが登壇した。

日露戦争中の愛媛・松山ロシア兵捕虜収容所を舞台とする本作は、日本人看護師のゆいとロシア兵将校であるソローキンの恋を描く物語。イベントには監督を務めた井上雅貴、プロデュースを担当した井上イリーナも参加した。

2018年を生きるテレビディレクター・桜子とゆいを1人2役で演じた阿部は「日露合作ということでプレッシャーと強い責任感を感じましたが、現場に向かうと素敵なキャストとスタッフ、監督に助けていただいたので気持ちを切り替えられました。本当に感謝しています」と述べる。愛媛のほかロシアでも撮影が行われた本作。阿部は「ロシアでは、俳優は芸術家で、監督は判断する人という考え方が強く、撮影はまず俳優同士で話し合い、次に監督を交え、最後はスタッフも一緒に話し合うという3段階で進めていきました。常に現場で意見を求められる毎日で新鮮でした」と振り返った。

ソローキンを演じたガリュチェンコは「日本での撮影もそうですが、国際的なプロジェクトに参加するのは今回が初めて。日本の撮影チームがとても優れていて、阿部さんとの共演も楽しく印象的で、忘れられない経験になりました」と語り、阿部と目を見合わせてほほえむ。ドモガロフは共演シーンが多かったイッセーについて「昔の友達のような気分です」と述べ、「事前にイッセーさんはとても有名な俳優と伺っていたので、緊張していました」と明かす。イッセーが「彼が来るだけで空間を支配していることがわかって、僕は家来になっちゃう。とても貫録があるので、撮影しているとこの人の目に僕はどう映っているのか気になるようになりました」と称賛すると、ドモガロフはイッセーの腕に手を添え、照れた様子を見せた。

桜子の先輩ディレクターを演じた斎藤は、井上とイリーナが夫婦であることに触れながら「日露の国際恋愛を描ける監督は井上監督しかいないと心から思いました。お二人だから描ける作品だと思います。ロシアの方の才能をひしひしと感じましたし、阿部さん、イッセーさんという素晴らしい才能が融合した作品に関われて誇らしく思います」と語る。

マスコミ向けのフォトセッションにはキャストのイワン・グロモフ、アンドレイ・デインチェフも参加した。撮影後にはガリチェンコら来日キャストから阿部に、キャストの似顔絵とサイン入りの色紙をプレゼントする場面も。阿部は「サプライズに慣れていない」と恐縮しながらもうれしそうな表情を浮かべ「すごく思いの強い映画なので、また日本とロシアのキャストが集まってこの作品を皆さんに届けることができてうれしいです」と述べ、「スパシーバ!(ありがとう)」とロシア語で感謝を伝えた。

「ソローキンの見た桜」は全国で公開中。なお、本日16時30分よりロシア・サンクトペテルブルクでのロケの裏側を斎藤がスマートフォンで撮影し、松江哲明が構成・演出を担当した特別番組「『ソローキンの見た桜』撮影記録 斎藤工のまなざし」がBS日テレにて放送される。

「ソローキンの見た桜」撮影記録 斎藤工のまなざし

BS日テレ 2019年3月23日(土)16:30~17:00
<出演者>
斎藤工 / 阿部純子

(c)2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

映画ナタリーをフォロー