映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

その女は水辺に現れる…ジェームズ・ワン製作「ラ・ヨローナ」予告編が公開

166

「ラ・ヨローナ~泣く女~」

「ラ・ヨローナ~泣く女~」

ジェームズ・ワンが製作を担当した「ラ・ヨローナ~泣く女~」の公開日が5月10日に決定。予告編がYouTubeにて公開された。

マイケル・チャベスが長編監督デビューを飾る本作は、中南米に古くから伝わる怪談・ヨローナの呪いをモチーフにしたホラー。1970年代を舞台に、ある母親からの助けを求める声を無視してしまったソーシャルワーカー・アンナの家族に、ヨローナの脅威が迫る。アンナを「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のリンダ・カーデリーニ、アンナの子供・サムとクリスをジェイニー=リン・キンチェンとローマン・クリストウがそれぞれ演じた。

予告編では2人の子供を亡くした母親・パトリシアがアンナに詰め寄り「あんたのせいよ!」と叫ぶ様子や、地元の悪魔祓い師がヨローナ対策を講じる様子が切り取られた。「水に近付けば引きずり込まれる」というセリフのあと、1人で入浴しているサムの背後から謎の手が迫るシーンも。

「ラ・ヨローナ~泣く女~」は全国で公開。

※記事初出時、キャラクター名とキャスト名に一部誤りがありました。訂正いたします。

(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画ナタリーをフォロー