【アカデミー賞速報】脚色賞はスパイク・リー「ブラック・クランズマン」

197

第91回アカデミー賞脚色賞を「ブラック・クランズマン」のチャーリー・ワクテル、デヴィッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット、スパイク・リーが受賞した。

「ブラック・クランズマン」

「ブラック・クランズマン」

大きなサイズで見る(全11件)

「ブラック・クランズマン」ポスタービジュアル

「ブラック・クランズマン」ポスタービジュアル[拡大]

本作は、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワースが、過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)への潜入捜査を試みた実話を描く作品。デンゼル・ワシントンを父に持つジョン・デヴィッド・ワシントンがロン、アダム・ドライバーがロンと2人で1人の人物になりすます白人刑事フリップ・ジマーマンを演じた。リーが監督も兼任している。

「ブラック・クランズマン」は3月22日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全11件)

第91回アカデミー賞 脚色賞

※★印が受賞作品
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン「バスターのバラード」
★チャーリー・ワクテル、デヴィッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット、スパイク・リーブラック・クランズマン
ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ホウィッティ「ある女流作家の罪と罰」
バリー・ジェンキンス「ビール・ストリートの恋人たち」
エリック・ロス、ブラッドリー・クーパーウィル・フェッターズ「アリー/ スター誕生」

関連記事

スパイク・リーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ブラック・クランズマン / スパイク・リー / ジョン・デヴィッド・ワシントン / アダム・ドライバー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。